絶対相対論 第一回 絶対コレは買いの絶対って何?

選択論、忘却論に続き新たな「論」を展開します。

同時に書き始めているため、なんとも中途半端な感は否めませんが、それぞれ自分の中で大事にしたいものですので、時間をかけてそれぞれ深めていければと考えています

絶対と相対

皆さん、ちゃんと意味を理解していますでしょうか。

私自身、ちゃんと理解できているかわかりませんが一つ確かなこと、

私は「絶対○○だろ」「絶対○○した方がいい」という言う表現が嫌いです。

これはsyrup16gが好きな方であれば、メリモという曲の「絶対コレは買いの絶対って何?」という歌詞を思い出す方もいるかと思います。

私も強く共感していた一人です。ちなみに、メリモの入っているMouth To Mouseは2004年発売ですので、それより前に疑問に思っていたことは主張しておきます。(決して便乗ではありません)

私の「絶対」の解釈

あなた自身はどうですか?周囲はどうですか?
「絶対○○だよ」「絶対○○したほうがいい」そういう言い方をしていませんか?

私の中での「絶対」の意味は「例外なし、100%」です。
果たして人に対して「例外なし、100%こうなるからこうした方がいい」と言い切っていいのでしょうか。

確かに、そういう表現を使うのはその人のことを思って、強調表現の一つとして使用しているんだと思います。私が考えすぎと言われればそれまでの話です。

しかし、私の感覚では「絶対」という言葉は強すぎるように思います。

そう考える理由は以下のとおりです。

  • 100%の確率の事象は世の中にそうないと思うから。
  • 人生何が起きるか分からないから。
  • (選択論とも関連しますが)生まれてからその人と全く同じ選択をしてきた人はいないと考えると、その人の立場・価値観・思っていることはその人しかわからない。それをわかった「つもり」で「絶対」と使うべきではないと思うから。

繰り返しになりますが「絶対」を使う人たちは、そこまで深刻に考えていないでしょうし、悪気はないと思います。

でも「絶対」は、人権や人格否定にも繋がりかねないのではないか、そう思ってしまうことがあります。「絶対王制」なんて言葉もあったくらいですから。

私は、どちらかというと相対論者(そんな言葉があるかわかりませんが)なのかもしれません。

選択論で言う、「選択」の組み合わせは数え切れません。その無数の組み合わせが経験となり人格、性格、価値観を創り上げていくと私は考えています。もちろん、「選択」は「権利」に近い概念でもありますので、それが制限されてしまっている人も世界中にたくさんいると思っています。

結局何がいいたいの?

話がぶれてきましたが、何が言いたいかというと

自分の絶対=人の相対

人の絶対=自分の相対

ということです。自分でもわかってるんだかかわっていなんだか微妙な表現ですが、一言で言うと「人を尊重しよう」とか「価値観は人それぞれ」という言葉になってしまうのが残念です。

つまり、相対が絶対だと思うんです。

という自家撞着で次回の話に繋げたいと思います。奥が深いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

人生には、努力ではどうしようもないことが起こる。

こんにちは、ウキクです! 生きているといろいろなことがあります。私はよく周囲の人に「波乱万丈な人生だな」「そんなこと経験している?すごいね」など、言われます。 私の中ではそれが当たり前、と思っていても所謂「普通の人生」で […]

情報

個人ブログが力を持つ時代がやってくる予感がしている。

こんにちは、ウキクです! このブログを始めて、1年が経とうとしています。実は、大学生時代にも毎日ブログを書いていたことを思い出しました。その頃も、日々思ったことを書いていたのですが「よくあれだけ書いてたな」と自分で感心し […]

白菜から派生した深い話 人間は、究極な「個性」を食べて生きている

こんばんは、ウキクです! いきなり悟ったようなタイトルで、「ukik is dead」と思われた方もいるかもしれませんが、なんてことのない話なんです。   目次1 夕飯の買い物をしている時でした2 白菜だけじゃ […]

2017年を予想 未来年表(by博報堂)を基に、考えてみた。

おはようございます、ウキクです! みなさま、お正月いかがお過ごしでしょうか。私は特に普段と変わらない生活を送っております。駅伝、早稲田優勝もあるかも!それを期待しています。   目次1 2016年 振り返り2 […]

人生を楽しむかどうかは結局、自分次第だという話。

こんばんは、ウキクです! 今日は、縁あって高齢者の方たちが交流をする場を見学させていただきました。そこで感じたこと、思ったことがあります。それは、高齢者の方たちがとてもパワフルで生き生きとしていたことです。 私は最近、毎 […]