空気を読「まない」人が最強である。職場によくいる3タイプ

こんばんは、空気を読みすぎてしまうウキクです!

もしかしたら日本人特有の問題なのかもしれませんが、「空気を読む」ことって重要ですよね。空気を読みすぎると疲れるし、読まなすぎるのも問題です。

しかし、中には「空気を敢えて読まない」という人がいます。

今回は、「空気を読む」ということについて考えてながら「敢えて空気を読まない人」を含め、職場によくいる3タイプを紹介します。

 

空気を読まないとは

そもそも「空気を読む」とはなんでしょう。一言で言えば「周囲の流れを汲むこと」に近いかもしれません。日本は島国ですし、みんなと仲良くすること、周囲から外れないことが美徳とされている節があります。

ところが、空気を読めない人・空気を読まない人が存在するのも事実です。そして、空気が「読めない」と、空気を「読まない」とは大きな違いがあります。

空気が「読めない」というのは、英語で言えばcan notの意味です。つまり、能力がないということ。

例えば、友人同士4人で東京に旅行をしたとします。4人は「東京に来たならスカイツリーに行こう」話していましたが、1人だけ「え、東京タワーでしょ。スカイツリー?ありえないわ」という具合に、その場の「流れ」を無視した発言や行動をとります。その場の空気が読めない、ということです。つまり、一言で言えば自分勝手な奴です。

一方、空気を読「まない」人というのは、英語で言うとdo notです。つまり、空気を読む能力がないのではなく、あるけど敢えて読まないということです。

それ以外に空気を読みすぎて、人にお願い事をするのが苦手な私のタイプのような人間も存在します。

 

なぜ空気を読「まない」奴が最強なのか

先ほどの、旅行の例で考えてみましょう。

空気を「読めない」人は、特に明確な理由なんてないんです。ただ、自分が東京タワーに行きたいだけ。他の人のことなど考えていません。

でも、もしその人が実は空気を「読まない」人だったとしたら。

結局、1人がゴネたので東京タワーに渋々行くことにしました。すると、実はその日東京タワーは特別なイルミネーションをしている日だったとします。一方、スカイツリーは大混雑だったようで行っていたとしたら、何を見に行ったのかわからない状態でした。

先ほど「東京タワーでしょ。」と言った奴は、実はそこまで計算済みだったらどうでしょうか。残りの4人も「おお、東京タワーでよかった」ってなりますよね。一気に評価逆転です。もちろん、「え、東京タワーでしょ。スカイツリー?ありえないわ」という言い方には問題がありますが。(笑)

 

職場によくいる3タイプ 空気の読み方別

ちょっと例が極端すぎましたが、職場でもこの隠れキリシタンならぬ、隠れ空気を読まないやーつが潜んでいるかもしれませんよ。

例えば、人に仕事を依頼するときをタイプ別に考えてみましょう。そしてなぜ「空気を読まない人」が最強なのかも解説します。

空気を読みすぎるタイプ

まず、空気を読みすぎるタイプ(私もこのタイプです)は極力、人にお願いしませんでした。

なぜなら「他の人も忙しいだろうな。そうだよな。自分でやったほうが早いし、正確だから自分でやろ」ってなるタイプです。説明するのも面倒臭いしと、いわゆるマネジメンント能力ゼロです。言い換えると、他人を信用していないのと、他人に興味がなかったんだと思います。(笑)

そういう点からも、私は「会社」という組織には、とことん向いていないタイプであると自覚しています。(そしてフリーランスへ)

これを言うと「いやいや、それは違うでしょ。人にお願いできる奴こそ仕事ができる奴で…後輩にも経験を…云々」とかいう人がいますが、基本揉めたり議論するの嫌いなので、真剣そうに聞いてる風に頷き、心の中で別のこと考えてます。この「真剣そう」というところ、ポイントなのでマーカーしてください。(笑)

そういう空気になると「そうですよね。頑張ります!」と適当な相槌で話を終わらせて、逃げていたタイプです。

空気を読「めない」タイプ

これが一番クソですが、ある意味幸せ者です。(笑)

先ほどの旅行の例でも言いましたが、自分のことしか考えてません。人が忙しかろうが、なんだろうが「あ、これやっといて」とかいうタイプです。職場に一人くらいはいますよね、こういうやつ。

間違いなく、嫌われます。でも、自分が嫌われていることにも気付かないので、なんとも思っていません。極力、関わらないのが正解です。心を乱されます。

ただ、こういうやつは意外と営業に向いてたりするのも事実。一概には言えませんが、かつて飛び込み営業の時とか私は、忙しそうな空気を出されると「あ、忙しいですよね、じゃあ資料だけ…」と早々と撤退してました。たまに頑張って粘ることもありましたけどね。

でも、空気読「めない」やつは、相手が嫌がっているのか、忙しそうにしているのか、早く帰って欲しそうにしているのか、わかりませんので、自分のペースで話を進めます

前の会社でも、その前の会社でもそういうやつはいました。でも、それがいいのか悪いのか、結構数字を挙げていたりするんですよね、そういうやつ。不思議です。ただ、繰り返しますが社内では嫌われます。(笑)

空気を読めるけど、読まないタイプ

やはり、このタイプが最強であると言わざるを得ません。だって、どっちも自在に操れるんですから。多分、相当頭のいいやつで、感情のコントロールが上手い人です。

同じ例で言えば、他の人も忙しいのはわかっているけど、これは人にやらせたほうが効率的で、ミクロ経済学でいうところの効用最大化の状態を作り出せる人です。

「忙しいところ悪いんだけど、これをいつまでにこうしてこうして…」と指示が的確なのが特徴です。頼まれた時は「はい、わかりました(面倒くさいな)」とあなたが思っていたとしたら、そのカッコの中まで見通しています

だから頼まれたことが終えると「お疲れ様、ありがとうな。」とか言って、仕事を終えた後に缶コーヒーとか奢ってきたりします。(笑)そう言われると、人間嫌な気持ちにはならないもので、自然と「なんか、この人かっこいいな」みたいな感情を持ちがちです。

でも、そういう人はすべてわかってますから、もしかしたらあなたも手の中で転がされているかもしれません。「情熱があれば、嫌われても苦にならないという話」という記事でも書きましたが、情熱タイプの人に多いかもしれませんね。

 

空気の読み方に優劣はない

空気を読めない奴をクソ呼ばわりしましたが、実際はこの3タイプに優劣はないと思います。切り取る場面によって変わると思うんです。個性というか、みんな一緒じゃつまらないですよね。

ただ、仕事の場合で言えば、最後の「空気を読めるけど読まない奴」が最強だと思います。

うまく自分をコントロールできているので、自分の意見もちゃんと通せるでしょう。信頼も生まれると思うので、会社で生きていくのであれば、「空気を読めるけど読まない奴」が理想です。私は空気読みすぎるのが好きなので、自分以外のタイプは嫌いですが。(笑)

そういうのはできないな、という場合は「AidemSmartAgent」「MIIDAS(ミーダス)」あたりで転職先を見つけるか、私のようにフリーランスになりましょう。

ちなみに「MIIDAS(ミーダス)」は転職活動をする方には、必須とも言えるツールです。無料なので、登録だけしておくのもおすすめです。

それ以外の空気は読むものではない、吸うものだ!というタイプの方はこちらをどうぞ。空気じゃなくて、酸素だけど。脳が疲れている時には、結構効果があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

「感謝、感激、雨あられですよ」と認知症の祖母は私に言った。

こんばんは、ウキクです! 今日、電車に乗っていてふと思い出したことがあります。私の祖母は数年前なくなったのですが、長いこと認知症で施設に入っていました。 祖母に会うために何度か施設に行きましたが、もちろん私のことを認識す […]

スマホ保険が割が良過ぎて入らない理由が見つからない。

こんにちは、ウキクです! すっかり更新できずにいました。昨日は結局地震は来ませんでしたが、まだまだ警戒しておいたほうがよさそうです。東京は雪です。私の住んでいる地区は、山なのでかなりの勢いで今も雪が降っています。 さて、 […]

Amazonプライム会員のすべて。 会員が増えると赤字?

こんにちは、ウキクです! 最近、すっかりAmazon派になってしまいました。なんせ、Amazonプライム会員になったら、お得すぎて楽天が不便にすら感じてきてしまったからです。 もう無料お試ししましたか?Amazonプライ […]

挽きたてコーヒー

セブンイレブンの挽きたてコーヒー(ペットボトル)はコスパがいいよ!

目次1 セブンイレブンの挽きたてコーヒー、買いです。1.1 コンビニを「上手く」活用する1.2 コンビニの淹れたてコーヒー1.3 コンビニの淹れたてコーヒーは本当に安いのか?1.4 「淹れたて」ではなく「挽きたて」コーヒ […]

文章でゲシュタルト崩壊した時の対処法 ゲシュタルト崩壊は文字だけではない

こんばんは、ウキクです! ゲシュタルト崩壊という現象をご存知でしょうか?最近、文字単位でゲシュタルト崩壊を経験することはなくなったのですが、文章でその現象が起きることがあります。   目次1 ゲシュタルト崩壊と […]