C&Cカレーでお得にカレーを食べる方法! サービス券活用法

こんばんは、ウキクです!

東京の京王沿線の方であれば、知らない人はいないであろうC&Cカレー。京王グループが運営するカレーショップで、「C&Cのカレーが一番好き!」という方も少なくありません。私は昔から結構好きです。

今日は、そんなC&Cカレーをお得に食べる方法を発見したので、紹介したいと思います。

 

C&Cカレー

カレーショップC&Cは、東京に19店舗、神奈川に1店舗、合計20店舗しかありません。京王線の主要な駅にはあるのですが、京王線ユーザーでないと、なかなか目にする機会もないかもしれませんね。ちなみに、新宿には4店舗も集中しています。

それ以外に、カレーショップC&Cカレーダイニングというおしゃれな感じの店舗が2つあります。東京ビッグサイトと京橋にあります。徐々に、店舗を拡大しているようですね。

カレーは、「マイルド」「中辛」「辛口」の3種類から選ぶことができます。食券を買い、学食のようにトレイを持って列に並びます。ただ、一部の店舗ではこの形式ではないようです。

 

C&Cカレーのサービス券

一番安いカレー(ポークカレー)が440円で、どのカレーを頼んでもサービス券を1枚もらうことができます。このサービス券が非常に価値が高いのです。

サービス券の枚数により、トッピングが無料になったりするのですが、一番のおすすめは10枚貯めてポークカレーに交換する方法です。

仮に、440円のポークカレーを10買い食べると1回ただになるので、1食あたり400円という計算になります。違う見方をすれば、サービス券1枚=44円ということです。44円のサービス券て、結構嬉しいですよね。

私はやったことありませんが、たまにサービス券をトレイに残したまま帰ろうとした人がいて、そのサービス券をもらっていた人がいました。(笑)私は、近くにC&Cカレーがないという友人と食べた時には、ありがたく頂戴しています。

 

さらにお得にする方法

これを最近発見して驚いたのですが、実は「朝カレー」なるものをC&Cでは販売しています。それがなんと、350円で唐揚げが一つ乗っています。

これ自体もかなりお得なのですが、驚いたのは朝カレーでもサービス券がもらえたということ!朝カレーは店舗によるようですが、朝カレーだけ10買い食べれば、お昼以降440円になったポークカレーをタダで食べることができるのです!

つまり、350円×10回=3,500円で11回食べることができるので、1食約318円

これが一番お得な方法だと気づきました。

 

店頭・通販でも買うことができます

店頭や通販でもC&Cカレー(レトルト)は販売されているので、ぜひ一度食べてみてください。結構美味しいですよ。

京王線ユーザーの方は、極力朝カレーを食べて、サービス券を貯める。10枚貯まったら、お昼以降にポークカレーと交換するとお得です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

コンビニ

コンビニを絶つことは節約の近道。コンビニに行かない選択を。

こんにちは、ウキクです! コンビニについては以前も何かの記事で書いた記憶がありますが、コンビニを一言で言えば高級便利店ですよね。なんとなくコンビニに行く癖をなくせば、結構な節約になるのではないかと思うのです。 コンビニ業 […]

Maker Faire Tokyoというイベントに参加しました。久々に人間らしい1日

こんばんは、ウキクです! 昨日はお世話になっているS社長にお誘いいただき、東京ビッグサイトで行われていたMaker Faire Tokyoというイベントに参加してきました。 いやぁ、久々に人間らしい1日を送ることができま […]

映画好きなauユーザーなら「auビデオパス」がお得!映画館の割引も

目次1 映画が好きなら、auビデオパスはあり!2 auビデオパスとは3 auビデオパスのメリット3.1 映画館で割引が使える3.2 4つのデバイスに対応3.3 レンタルも可能4 auビデオパス、まずは無料お試しを 映画が […]

夕方か夜に予定を入れておくと、集中力がアップして仕事効率がよくなる法則

こんばんは、ウキクです! 下痢がまだ続いています。昨日は軽く熱が出ました。でも、野菜ジュースをがぶ飲みしたので、もう大丈夫です!(笑) さて、皆さんの中にも「夜に飲み会の予定があると頑張れる!」という方も多いのではないで […]

MacBookにデュアル(サブ)ディスプレイ導入で効率化 外部モニター最高!

フリーランスになると仕事の「効率化」について考える機会が増えます。 会社員時代も効率化は意識していましたが収入に直結すると、より本気で効率化を考えるようになる訳です。フリーランスで働いている方は、日々同じようなことを考え […]