好きなドラマーを真似る 素人による素人のためのドラム講座 【2打目】

【前回記事】

素人による素人のためのドラム講座 これからドラムを始める方へ【1打目】

今回は実践編で、もう少し具体的な話をしてみたいと思います。

まだまだ上級者からしたら、改善点がたくさんあると思いますが、初心者だからこそこんなことが知りたかった、これどうしたらいいの?と気付く部分があります。

私もドラマーの友人にアドバイスをもらいながら独学でドラムを叩いています。

セッティングについて

これはかなり悩みました。

YouTubeで色々な動画を見て試してみましたが、結局のところ体型も違えばプレイする曲も違うので、なんとなくでも自分の叩きやすいと思えるセッティングが正解なのではないかと思っています。

スティックの話に続き、投げやりで具体的じゃねぇと言われそうですが、人のやり方が自分にフィットするとは思えないからです。

ただ、ひとつ言える事は好きなドラマーの真似をしてみるのは有効かと思います。好きなドラマーの名前で画像検索すれば大体でてきます。さらに、ライブ映像なども見ながら、そのセッティングでどう叩いているのかも確認します。

ドラマー 中畑大樹

私はsyrup16gの曲が叩きたかったので、中畑大樹氏のセッティングを真似ることから始めました。

彼のセッティングの特徴は何と言ってもシンプルかつ平行だと思います。

ワンタムが基本です。(タムをひとつ外してライドシンバルを右側タムの辺りまで持ってきます)全てのパーツが地面と平行で角度がない、というセッティングです。

そのセッティングにしてみるだけで、個人練習でもかなりテンションが上がります。「おお、一緒だぁ」みたいに。笑

そのセッティングで実際に叩いてみます。すると、違和感を感じます。そこが自分に合ってない部分ですので微調整します。
例えば、タムにはもう少し角度があった方が叩きやすいなとか、クラッシュシンバルは高すぎるなとか。

そうやって試行錯誤して(その工程も楽しいんですよね)、自分に合ったセッティングを見つけていきましょう。

中畑氏についてはドラムを始めるまでは、syrup16gのメンバーということでしか見ていませんでした。
実際コピーしてみて気付いたことは、彼が感情と繊細さを兼ね備えたドラマーであるということでした。

[syrup16g センチメンタル]の記事でも紹介した「ドドドドドドドド」というのも特徴の一つですね。

普段の練習方法

さて、ドラムセットを持っている初心者は少ないと思います。スタジオに入る時間は限られています。
普段できることとしては、素振りと聴き込みでしょう。

素振りは思った以上に難しいです。当たるものがないので。
これによって、私は指にまめができました。ちょうど人差指の根元あたりでした。

これは、そこに余計な力が加わっているということに気づき「脱力」を意識しました。

それからぐっとフィルなどが叩きやすくなりました。

あと練習パッドでひたすら練習というのもあります。

【参考】

私はこれを使用していますが、あなたにも合うかはわかりません。実際に叩いてみて決めたければ、選び方は店員さんに相談しましょう。笑

まとめ

前回も聴きまくることは重要と言いましたが、次のステップとしては、フレーズを言葉にして(口に出して)みることす。「テケトン、トンテケテケトン」とか。周囲に誰もいないことを確認してからにしましょう。笑

それは私の師匠から言われ、実践してみたものです。特に、ややこしいフィルの部分は、何度も聴いて言葉にしてみると、どれをどのように叩いているか理解できてきます。

  • 好きなドラマーの真似をしてみる。そこから自分に合ったセッティングを試行錯誤する。
  • 素振りをして、自分の癖を把握する。(どこに力が入りすぎているかなど確認する)
  • 叩きたい曲を繰り返し聴き、フレーズを自分の言葉に置き換えてみる。

今週は個人練習にはいけませんでしたが、叩きたくて仕方がないです。
皆さんも上達していく過程を楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

no image

Natalie Imbruglia 『Left of the Middle』思い出のアルバム

おはようございます、ウキクです! 以前も書きましたが私は中学3年の時、オーストラリアに10日間のホームステイに行きました。(大学で何を学びたいか迷っている、又は「文学」を学びたい受験生へ) その時に、出会った思い出のアル […]

ハルカトミユキ

手嶌葵 「明日への手紙」 聴いてみた1 いつかこの恋を思い出してきっと…

こんにちは、ウキクです! 私が普段絶対聴かない音楽、正直苦手な音楽を敢えて聴いてみて、自分なりの感想を述べてみるコラムです。   目次1 音楽は「もの」?2 音楽も体験にお金を払う時代に3 LINE MUSIC […]

Codes in the Clouds 作業用BGMに最適なイギリスケント出身のバンド

仕事をしながら音楽を聞くことができるのは、フリーランスの特権です。 もちろん、中には「社風としてOK」「仕事的にOK」な会社もあるかもしれませんが、多くの場合はイヤホンで音楽を聴き始めたら怒られるでしょう。私は残業をして […]

フジファブリック 「赤黄色の金木犀」この曲の秀逸な点

こんにちは、ウキクです! 今回紹介するのは、フジファブリックというバンドの曲の中で、私が1番好きな曲です。   目次1 フジファブリックとの出会い2 志村=フジファブリックという呪縛3 天才ミュージシャンは早く […]

イントロクイズが得意な人の特徴 イントロクイズ、得意ですか?

こんばんは、ウキクです! みなさんは、イントロクイズは得意ですか?昨日、幼馴染のかつてのバンドメンバーがうちに泊まりに来まして、夜な夜なイントロクイズ大会を開催していました。 そこで思ったことは「イントロクイズは得意、不 […]