Ed Sheeran (エド・シーラン)の曲が、無性に心をくすぐる。

おはようございます、ウキクです!

今日は、最近になって聴くようになったアーティストの紹介をしたいと思います。日本でどれくらいの知名度があるかわかりませんが、少なくとも私は最近知りました。

 

Ed Sheeran(エド・シーラン)

イギリスのシンガーソングライターです。まだ25歳という若さなのですが、声の透明感、曲の世界観はまるで人生を悟ったかのような上質なものです。

出会ったきっかけは、AmazonのPrime Musicで、「仕事がはかどるアンプラグド・ポップス」というプレイリストでした。

何の気なしに、掛けながら作業をしていたのですが2曲目で手が止まりました。

なんだこの空気感は、と。

 

「Photograph」という曲です。

最近で言うと、ハルカトミユキ 「DRAG & HUG」(アルバム『LOVELESS/ARTLESS』収録)以来のハードリピート曲になりました。

たしかにPOPSですから、UKロックに比べるとキャッチーさがあり、大衆向けなのかもしれません。わかりませんがイギリス人からしたら、日本の秦基博のような感じなのでしょうか。(笑)

基本はシンプルなサウンドに、綺麗な歌声を乗せている感じです。

今回初めて知ったのですが映画『ホビット 竜に奪われた王国』で、「I See Fire」という曲が使われていたそうです。私はその映画を見ていないのでわかりませんが、もしかしたら「聴いたことある」という人も多いかもしれませんね。

「I See Fire」も聴いてみましたが、かっこいいです!味がありますね。本当に25歳なんでしょうか。笑)

 

イギリスのポップス

とにかく、レベルが高い。日本のPOPSとか、恥ずかしくなってしまいます…

もちろん、環境も文化も違いますから仕方ありませんが。UKロックは大好きで、いろいろと聴いてきましたがPOPSはあまり詳しくありませんでした。

こんな風に、今まで聴かなかった音楽とも出会えるのがPrime Musicはじめ、音楽定額制の醍醐味ですよね。勝手に「これも好きかもよ?」と人工知能さんがすすめてくれるので、大変便利な時代になったと思います。

エド・シーランは、両親がアイルランド人とイギリス人です。アイルランドというのは、世界的にはマイナーな国と思われがちですが、全くそんなことはありません。

アイルランドがUKの音楽の基礎を作っていると言っても、過言ではないんです。それについては、また別の機会にたっぷりと。

 

アルバム「X」に収録されています。

Amazon Primeであれば、聴き放題・無料ですのでぜひ聴いてみてください。

私が好きな「Photograph」が収録されているアルバム『X』以外にも、7つのアルバムも聴き放題になっています。ただ、「仕事がはかどる」音楽だったはずが、気になって集中できませんでした。(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

coldplay3年ぶりの来日!東京ドーム!うへ〜行きたいぜ。

こんにちは、ウキクです! 今日寒くないですか…冷え性には辛い季節ですよ本当に。寒いと言えば「cold」、「cold」と言えば「coldplay」ですよね!久々に音楽記事、いきますよっ!   目次1 […]

no image

ハルカトミユキ 「DRAG & HUG」 (『LOVELESS/ARTLESS』収録)

完全に夏バテして、弱っていたウキクです。 そんな夏バテが一気に吹き飛んだ出来事がありました。 Google Play Musicでハルカトミユキの新譜『LOVELESS/ARTLESS』が聴けることがわかったのです。8月 […]

no image

Natalie Imbruglia 『Left of the Middle』思い出のアルバム

おはようございます、ウキクです! 以前も書きましたが私は中学3年の時、オーストラリアに10日間のホームステイに行きました。(大学で何を学びたいか迷っている、又は「文学」を学びたい受験生へ) その時に、出会った思い出のアル […]

ハルカトミユキ

ハルカトミユキ 『シアノタイプ』 メンヘラロックでは片付けられない。

こんにちは、ウキクです! もともと長いことバンドをやっていたと少しお話したことがありましたが、1年ほど前からドラムを始めました。 syrup16gの曲をスタジオに入って、一人黙々と叩くというストレス発散をしています。 s […]

YUKI2人のストーリー

YUKI「2人のストーリー」は歌詞の世界観がすごい。YUKIの名曲たち

幅広い年代にファンのいるYUKI。 JUDY AND MARYからファンの方、YUKIとして好きになった方、それぞれいらっしゃるでしょう。私は実は後者で、JUDY AND MARY時代よりも、今の方が好きだったりします。 […]