Feedlyでメンターの動向をチェックしよう。私のFeedly活用術

こんにちは、ウキクです!

昨日も素敵な出会いがありました。ワクワクが止まりません!そのお話はまた後日ゆっくりと。

さて、皆さんは自分の「メンター」はいますか?「どこからがメンターか」というのは、難しい問題ですが自分の精神的支えとなる人を私はメンターと定義しています。今日は私なりのメンターの動向をチェックするためのFeedlyというサービスの活用術を紹介します。

 

メンターの元々の意味

英語の「Mentoring」から派生した言葉です。元々は「人材を育成する」という意味ですが、今では広く「自分の目指すべき人」「精神的支柱」と捉えられることが多いです。

企業で言えば新入社員にメンター(熟練者)が付き、色々な相談をしたり、実際の仕事を教えたりといわば「お世話係」とも言えるでしょう。企業の場合メンターは選べない場合がほとんどではないでしょうか。「この人が君のメンターね」と決められることも多いようです。

しかし、メンターというのは本来自分で決めるものだと私は思っています。人によってどのような人間になりたいかは異なっているからです。

私はもっと広い意味でメンターを捉え、精神的支柱としています。

 

メンターの種類

一口にメンターと言っても、その種類は様々です。狭義の意味では「新入社員のお世話係」ですが、「自分の成長に影響を与えてくれる人」とも言えます。そこで、私がメンターと思っている人たちを分類してみました。

 

目上の人

目上の人とは言い換えれば、自分より年長の人です。自分よりも長い時間、この世界に生きていますから経験の部分で自分にはないものを持っています。

会社の素敵な上司、両親、兄弟、有名人、著名人などまずは単純に「年齢軸」でメンターを考えられます。

 

同世代の人

これは友人や違う会社で働く同世代の人などです。目上の人よりもフランクに話もできますので、共感という部分で支えになります。もちろん、中には同世代でも自分にはないものを持っている人もいるでしょうが、ここでは年齢軸でまず分類しています。

 

年下の人

日本では「上下関係」という言葉があるように、学生時代の部活に始まり社会人になっても上下関係を意識しないと痛い目にあいます。だからと言って、年下の人を雑に扱っていいとは思いません。

年下の人には、自分がかつて抱いていた理想や夢に溢れていることもあります。そういう意味でも、初心にかえるためのメンターとも言えるでしょう。

 

価値観が合う人

ここからは、年齢ではない軸で考えてみます。価値観が合う人というのは、自分の理解者であり、思考が似ている人です。こういう人が一人もいないとかなりキツイと私は思っています。

生きていると、ほとんどの人は価値観が合わないと思った方がいいかもしれません。そんな中、あなたの価値観に近い人がいればそれはかなりの心の支えになります。

 

理想の人

私で言えば、スティーブジョブズがその一人です。正確には、彼のようになりたい!とは思っていませんが、ここが理想的と部分的でもいいのです。

会ったことがない本の著者や、著名人などです。会ったことがある人でももちろんいいのですが、会わない方がいいところだけを知れるので「神格化」の度合いは強まるかもしれません。すごく素敵な考え方をする人だな、と思っていても会ってみたら全然魅力的でなかった、となっては元々のいいと思っていた部分まで失うというリスクもあります。

 

自分には思いつかないようなことをしている人

理想の人と似ていますが、若干ニュアンスが違います。これは言うなれば、意見や考え方が合わなくても「すげぇな」と思える人です。

人は、固定観念や先入観から自分と意見の合わない人を敬遠しがちです。でも、それはとてももったいないことです。そういう人から、何か学べることがあるかもしれませんので。

 

Feedly活用法

さて、ここまでで結構な文量になってしまいましたが、ここからが本題です。

Feedlyというサービスはご存知でしょうか?アプリもあるので、ぜひ活用してもらいたいと思っています。これは、私のサイトのサイドバーにも設置してありますが、ブログの更新を教えてくれるだけではなく、Feedlyアプリ上でそのまま記事を読むことができるのです。

とにかく、先述したメンターを片っ端からあげてみてください。そして、Feedlyの検索部分があるのでそのメンターを検索してみましょう。すると、その人のHPやブログが出てくるはずです。(HPやブログを持っていない人はもちろん出ません)

それを登録しておけば、その人の更新記事がFeedly上で読めるようになります。

難点は、英語が基本のサービスなので慣れるまで使い方がわからないという方もいるかもしれません。ただ、難しい英語ではないので、直感的に使用していてもすぐに使いこなせるようになります。

 

私の使用例

私は以下の人をFeedlyでマークしています。笑

  • 有名ブロガーさんたち
  • 自分なりに見つけた経済系の見識が的を得ている人
  • 単純に好きな芸能人
  • 読んだ本の著者

私は使い始めて時間が経っていないのでまだ30人程度ですが、新着記事のタイトルが一覧で表示されますので興味のあるものだけを読むことができます。

時間がなくて今は読み切れないという場合には、Evernoteにぶち込んでおき後日読みます。Evernoteは、ただのテキスト保存だけで使っているのはもったいないです。使いたか次第で、めちゃくちゃ便利なツールになります。それこそメンターになりますよ。笑

 

Evernoteについてはまた今度

Evernoteだけでも語りたいことがたくさんあるので、またそれは別の機会にします。結構、無料のアプリやサービスを「表層部分」だけの機能を使用している人が多いんですよね。iPhoneの元々備わっている昨日も「え〜そんなのあるんだ!」と知らないことが多い人もたくさんいます。

でも、自分の使っているツールの使い方を一度見直してみると、思いもよらない便利ツールに化けることがあるので、おためしください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

試験外出とは入院中に家に帰ってみる試み。2度目の試験外出

こんにちは、ウキクです! 入院し3週間が経過しました。今日は、試験外出と言って「試しに外出してみる」という試みの2回目です。 私の場合、家にトラウマがあり、家に帰るのはなかなか苦痛でした。1回目は、嫌な気持ちになり疲れ果 […]

自称、電車マナー向上委員会 Lesson2

【前回記事】 ・自称、電車マナー向上委員会 Lesson1 あれは数年前のことです。 私は帰宅の電車に乗りました。周囲には誰もいませんでしたので、いつものように爆音で音楽を聴き始めました。 もちろんイヤホンはしていました […]

交通量調査のバイトをした時の話 (これは過去の実体験)

こんばんは、ウキクです! 過酷な仕事シリーズ(自称、必死仕事人シリーズ)が思いの外好評なので、過去の辛かったバイトについて書いてみようと思います。 今回は、交通量調査のアルバイトをした時の実体験から、これから交通量調査の […]

お金を目的にしていると、虚しさが待っている。お金で何をしたいのか考えよう

こんにちは、ウキクです! FPの勉強を始めました。そろそろ、サクッと一通り終えておきたいところです。仕事をしながらなので、がっつりというわけにはいきませんので、毎日コツコツと。 FPの勉強をしていて思いました。世の中には […]

MacBookにデュアル(サブ)ディスプレイ導入で効率化 外部モニター最高!

フリーランスになると仕事の「効率化」について考える機会が増えます。 会社員時代も効率化は意識していましたが収入に直結すると、より本気で効率化を考えるようになる訳です。フリーランスで働いている方は、日々同じようなことを考え […]