FP3級でも油断は禁物! 徹底的に過去問を攻めるべし

FP3級

FP3級、侮るなかれ!

こんばんは、ウキクです!

今週の日曜日に、ついにFP3級の試験日を迎えます。正直、かなりまずいです。まだまだ先だと、油断していました。まだ諦めているわけではありませんが、過去問をやった感触、まずいぞと。なめていると、落ちます。

これからFP3級の受験を検討している方に、知っておいていただきたいことを紹介します。

 

投資経験があるから余裕?

はい、まさに私がこのパターンです。

経済やら投資関連の知識には自信があったものの、実はそれらの問題は比重が少ない。なのに「知識あるし、余裕でしょ」と安易に考えていました。

以前、「過去問を最初にやるのは当たり前。資格でも受験でも。」という記事を偉そうに書きましたが、ごめんなさい今回は過去問をやるタイミングが遅すぎました。

本当の敵は、保険・不動産・相続です。つまり、私の強い分野以外です。(笑)

 

絶対過去問を早めにやるべし

時間をちゃんと計って、無知識の状態でも一度過去問を解いてみるのが非常に重要です。敵を知らずして、戦えませんので。あー、完全にピンチ。

早めに過去問をやることで、何がどのように問われるのか、どの分野からの出題が多いのか体感すべきです。参考書はそのあとです。参考書で勉強する場合でも、自分の好きなところから開始してしまいがちですが、一番興味のないところから始める方が効率がいいです。

「そもそも何択なの?」というのも最近知りました。(笑)

 

前日に詰め込みます

今かなり仕事が忙しいというのは言い訳がましいですが、事実です。それでも、合格する気満々です。その方がかっこいいじゃないですか。

過去問をやって感触をつかんだので、あとは前日に頭に叩き込みます。

ただ、この方法は本当にお勧めしません。なぜなら試験に合格するよりも、知識を身に付ける方が重要だからです。意味ないですよね、運や一夜漬けで受かっても。

なので、「最初に過去問→正答率が悪かった分野から参考書で勉強→再び過去問」がお勧めです。

 

FP2級に合格するには

FP3級の合格率が高いのは、「ほとんどの人が2級を目指しているのでしっかりと勉強をしてくるから」と言われています。私もそのつもりだったのですが、今回はその場しのぎでの受験になりそうです。

ちゃんと試験後に、弱い分野は復習したいと思います。まずは、諦めずに頑張ります!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

FP3級に無事に合格予定 試験を終えたので3級の攻略法を披露します

こんにちは、ウキクです! いやぁ、無事に終わりましたFP試験。「受けよう!」と思ってから、受験申し込みをしそびれたりとなんだかんだで、2017年5月の試験になってしまいました。 公式な模範解答で答え合わせをしたところ、余 […]