貯金なしスキルなしコネなしからのフリーランスは可能か

こんにちは、ウキクです!

前回「正露丸に敬意 白米とふりかけだけで生活すると、体調を崩すので絶対にやめましょう。」という記事で、正露丸を絶賛しましたが、未だ下痢が治りません。正露丸鉄板神話が崩れました…そして今度は謎の頭痛に襲われています。(笑)

さて、今回は「フリーランス」に憧れている会社員の方のために、フリーランスの実情について紹介します。特に、今すぐに会社を辞めたいが「コネなしスキルなし貯金なし」なので、一歩が踏み出せないという方の参考になれば幸いです。

結論から言いますと、そのような状態でもフリーランスになることは可能です。ただ、注意点はたくさんあります。今回は、どちらかというとネガティブな要素を中心に、紹介します。いいこともたくさんあるのですが、長くなってしまうのでそれはまた別の機会に。

 

フリーランスになる前に知っておくべきこと

貯金なしからのフリーランスは可能か

貯金の有無は、もっとも気をつけるべきポイントです。貯金なしでも可能か不可能かで言えば「可能」ですが、お勧めはできません。

貯金額は、多いに越したことはありません。長く勤めていた場合には、多少なりとも退職金を受け取ることができるケースもあるでしょう。それらを含め「6ヶ月以上は何もしなくても生活できるだけの貯金」があることが望ましいと思います。

単身世帯か、家族がいるかによってその金額は変わりますが、「月の固定費・生活費が20万円かかっている」という人は「20万円×6ヶ月分=120万円」の貯金があれば、間違いないと思います。

その理由は明らかで、今回は「コネなしスキルなし」を前提にしているので、正直「上手くいかずに、失敗に終わる」という最悪のケースも考えられるからです。

また、私のように急な入院など、体調を崩した時のリスクマネジメントのためにも、貯金は間違いなく必要です。国民健康保険になると、傷病手当金は受けることができません!

私の場合、入院さえしなければ、ちゃんと生活を維持できていましたが、フリーランスのリスクマネジメントの面で十分ではなかったと、猛省しています。これからの課題でもあります。

「常に100万円以上の貯蓄があること」が、フリラーンスのリスクマネジメントの一つかもしれません。

 

スキルなしからのフリーランスは可能か

不可能ではありません。でも、これもお勧めはしません。

多くの人は、「このスキルで、食べていけるだろう」とある程度の見込みがあって独立し、フリーランスになる人がほとんどです。

私の場合はライターですが、副業で始めていたライティングの仕事が思いのほか楽しく適性を感じたことと、クライアントさんからの反応も良かったこと、通勤時間などを考えたらむしろフリーの方が稼げるのではないかという考えから、決断をしました。

しかし、中には「フリーランスになりたいが先」の人もいるかもしれません。正直、そういう考えは結構危険ですが、個人的には嫌いではないです。(笑)

「なんとかしなくては!」と自分を追い込むことによって、自分の中に眠っていた隠れたスキルや、ビジネスアイデアが浮かんでくる可能性もあるでしょう。

ただし、できるのであれば道筋は立てておくのが鉄則です。今までの職歴で評価されてきた点や、得意なこと、スキルを洗い出し、それをお金にできないか考えておくべきです。

 

コネなしからのフリーランスは可能か

これも、不可能ではありません。もちろん、何かしらのコネがあるに越したことはありませんが、コネなしでもフリーランスにはなれます。

ただし、フリーランスはその人の「信頼性」が大きく影響すると感じています。企業・個人問わず「一個人に仕事を依頼する」というのは、なかなか勇気がいることでしょう。つまり、「この人に仕事を任せて大丈夫か?」という点が非常に重要なわけです。

最初はコネがなくても、仕事でのつながりは会社員時代より大切にすべきです。そして、積極的につながりを作りに行くことも重要です。仕事の内容にもよるかもしれませんが、多くは「実績」「紹介」からお仕事をいただくことになります。

「知識も経験はありませんが、コーディングをしてみたいので仕事ください!」と言われても、誰も頼みたくないと思います。そういう人は、最低限資格を取得しておくとか、なんらからのアピールポイントがないと失敗する可能性の方が高いと思います。

 

フリーランスになって失うもの

私も会社員時代は、フリーランスに強い憧れを持っていました。でも、フリーランスになったことで失ったことはたくさんあります。そんな事実も、知っておいてほしいと思います。

収入の安定性

これは、仕事の受け方・こなし方による部分ですが、基本的には「働いた分だけお金がもらえる仕事」です。つまり、サボればその分収入は少なくなります。でも、世間で思われているほど不安定ではないんですけどね。

安定させるためのコツはまた別の機会に書くことにしますが、私はその「なんか不安定そう」というのが、離婚された一つの理由だったと思っています。

フリーランスは、「起業をする」というのとは、少し違う点があります。起業する、というのは仕組みによってお金を生み出すことだと私は理解しています。つまり、仕組みをつくることができれば、誰かに仕事を振ることが可能です。(それまでに時間とお金がかかります)

もちろん、フリーランスでも同じ部分もありますし、雑務を誰かに委託することは可能ですが、それは「自分の手が回らなくなった時」か「その方収益性が高い」時でしょう。

結局は、「何をやるのか」にもよります。

 

社会保険・福利厚生

先ほども触れたように、基本的には国民健康保険に加入することになるので、社会保険の「傷病手当制度」や厚生年金はなくなります。

就労不能保険などの商品もありますが、個人事業主であるフリーランスが加入できるとは思えません。年金の不安については、国民年金基金や確定拠出年金個人型(iDeCo)で補うしかありません。

福利厚生なんて、もってのほかです。(笑)会社の保養所や、割引制度などは当然使うことはできません。ただし、個人加入が可能な福利厚生サービスもあるので、「どうしても」という方は、検討してもいいかもしれませんが、基本不要でしょう。

 

カフェのありがたみ

カフェに行くと「仕事をしなくては」「PCを開かなくては」「WiFi、電源あるかな」という気持ちになります。職業病です。(笑)純粋にカフェという空間を楽しむということは、なくなってしまったような気がします。

もちろん、友人など誰かと一緒に行く時は別ですが、カフェに行く動機が変わりました。

 

サボる楽しみ

会社員時代は、「いかにサボるか!」をテーマに働いていたような部分もありますが、フリーランスのサボりは「危機感」に直結します。(笑)

過去に「サボりのバイブル 営業ならどんどんサボっちゃえ。」なんて記事を書きましたが、今それやったら「マジでやばい」ことになりかねません。

ただ、言い換えれば「サボる」のではなく「休む」ということになるので、そもそも「サボるという概念」が失われる、と考えてもいいかもしれません。

 

年末調整

年末調整というのは、サラリーマンの特権です。年末調整って今考えると、結構ありがたいシステムだったなと感じます。フリランスになったら、当然自分で確定申告です。

 

最悪、バイトする覚悟を

ここまで、結構ネガティブなことを書いてきましたが、これも一つの事実です。私の場合、入院後貯金が底をつき、日雇いバイトをする羽目になりました。(多くの方から、助けの手を差し伸べてもらったのも事実です)

今回のテーマである「貯金なしスキルなしコネなしからのフリーランス」は、一応は可能であるということもわかっていただけたかと思います。ただし、フリーランスにはさまざまなリスクと、失うものがあります。

「6ヶ月分の貯金がない!」という場合でも、最悪バイトをすればいいだけの話です。ただし、脱サラしてフリーランスになる人にとってはある意味バイトをするという行為には「プライドを捨てる勇気」も必要でしょう。プライドを捨て、何がなんでも、生きていく!という気持ちが必須です。

自分の求める生活はどのようなものなのか、最低限それははっきりさせておきましょう。

私は後悔はしていませんが、改善しなくてはいけない点がたくさんあるなと感じています。日々、勉強です。フリーランスになる前に、最低限この本は読むべきでしょう。とても参考になりました。↓

 

フリーランスのための一生仕事に困らない本

フリーランスのための一生仕事に困らない本

  • 作者:井ノ上 陽一
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014-12-12

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

タイムマネジメント、始めました。時は金なり 時間貧乏にならないために

こんにちは、ウキクです! 秋の気配が漂い「夏が終わってしまったー」という、少し寂しい気分になっています。秋もいい季節ですけどね。 さて、今月から新たに「タイムマネジメント」という概念を取り入れてみることにしました。 フリ […]

映画好きなauユーザーなら「auビデオパス」がお得!映画館の割引も

目次1 映画が好きなら、auビデオパスはあり!2 auビデオパスとは3 auビデオパスのメリット3.1 映画館で割引が使える3.2 4つのデバイスに対応3.3 レンタルも可能4 auビデオパス、まずは無料お試しを 映画が […]

夕方か夜に予定を入れておくと、集中力がアップして仕事効率がよくなる法則

こんばんは、ウキクです! 下痢がまだ続いています。昨日は軽く熱が出ました。でも、野菜ジュースをがぶ飲みしたので、もう大丈夫です!(笑) さて、皆さんの中にも「夜に飲み会の予定があると頑張れる!」という方も多いのではないで […]

C&Cカレーでお得にカレーを食べる方法! サービス券活用法

こんばんは、ウキクです! 東京の京王沿線の方であれば、知らない人はいないであろうC&Cカレー。京王グループが運営するカレーショップで、「C&Cのカレーが一番好き!」という方も少なくありません。私は昔から結 […]

楽天ビデットカード

楽天銀行JCBデビットカードがとても便利でお得なのでお勧めしておきます。

目次1 楽天銀行JCBデビットカード、素晴らしい!1.1 デビットカードとは1.2 楽天デビットカードとは1.3 楽天デビットカードのメリット1.3.1 年会費無料1.3.2 今まで利用用途がなかった1000円以下の残高 […]