ミニマリストの真似事を始めました。スティーブジョブズの影響

こんばんは、スティーブ・ジョブズ教信者のウキクです!

昨日、我が家はプチ大掃除(どっちやねん)をしました。私は、もともとものをため込む性格ではないのですが、かなりものを減らしました。気持ちいいです。これがミニマリストというのだろうか、トレンドに乗ってみました。

 

ミニマリストとは?

要は、ものを減らしてシンプルに生きる人たちのことですよね。断捨離ブームからの流れで、名前が変わっただけじゃないかと思っているところです。

でも、その内容は共感しています。シンプルな部屋、シンプルな考え方、シンプルな生き方というのは憧れであり、そうなれば日々を「重すぎず」に生きられるのではないかと思うんです。

 

経緯

なんで、急にミニマリストブームが私の中で始まったかというと、きっかけがあったのです。Amazonプライムビデオで、映画『スティーブ・ジョブズ』を観たのです。公開当時にも観ているので、2回目です。でも、最近新しい『スティーブ・ジョブズ』も観れるようになり、どっちもタダで観たのです。

で、古い方の『スティーブジョブズ』で「シンプルに生きれば人生が単純で幸せなことに驚くであろう」というセリフがあったんですね。

彼の生き方というのは、壮絶ですがその言葉がやけに私の心に響いたんです。前に観たときは響かなかったのに。笑

それでもう、すっかり脳内はスティーブジョブズのことでいっぱいになり、影響されやすい私は、早速部屋の掃除に取り掛かったという次第です。

 

影響されやすい性格は得

私は、昔から人の影響を受けやすい性格でした。それによって、色々間違った方向に進んだこともありましたが(笑)、まぁ最近は「それでいいじゃないか」と開き直ってきたのです。

その時々で、影響されるもの、心に響くものが違っていいじゃないか、ええじゃないかということです。

さすがに、タートルネックにジーンズはやりませんが。心の部分での話です。「彼ならこう考えるだろう」というのを、自分の考えにプラスしてみると、思いの外世界が広がるものです。

 

当面Windowsは敵

ということで、信者の私はやはりアンチWindowsをしばらく続けようと思います。この盗人野郎と。

ただ、スティーブジョブズも相当なクソ野郎なので、どっちもどっちですかね。それでも、こんなに愛されているというのは、奇跡の人物です。

なんで日本の会社のほとんどはWindowsなのでしょう。国家予算を立ててでも、すべてをMacにして欲しいですね。そうすれば、日本も変わるでしょう。

と、盲信する怖さを改めて実感しているところです。笑

いや、もはや宗教ですな。まだ見ていない方は、Amazonプライムビデオでぜひ観てみてください。

そういえば、「スティーブジョブズがもしも江戸時代にいたら。たらればシリーズ」という記事も書いていたので、おヒマでしたら。

古い方はこちら↓

新しい方はこちら↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

死ぬまでにしたいことリストを作る、本当のメリット。

こんばんは、ウキクです! 今年度、最初の投稿です。皆さんも「死ぬまでに〜〜したいな」「これをしないと死ねない!」というもの、ありますよね。 私はある時期、思い立って「死ぬまでにしたいことリスト」を作ってみたことがあります […]

「偉そうなやつ」は「偉いやつ」よりタチが悪い。

「偉そうなやつ」は「偉いやつ」よりタチが悪い。3つの対処法

「偉そうな人」を見かけると、残念な気持ちになります。もっとはっきり言えば、偉そうな人は嫌いです。 会社にも何を勘違いしているのか、偉そうな態度を取るやつが1人や2人いますよね。会社に限りません。日常生活を送っているだけで […]

現象と感情

現象と感情を結びつけるのは、他でもない自分である。

目次1 現象と感情1.1 現象に対する反応は千差万別1.2 自動思考とは1.3 自動思考と偏見・価値観1.4 現象と感情を切り離す1.5 もっと気楽に生きればいい 現象と感情 人の悩みの多くは、「人」に関係するものです。 […]

幸せとは点であり、線にすることが難しい

こんばんは、ウキクです! 皆さんは「あぁ、幸せだな」と感じる瞬間は、どんな時ですか?私は好きなスーパー銭湯に行って、ぬるめの炭酸泉につかり空を見上げた時(外にあるので)に「あぁ、今幸せだ」と感じます。 最近感じていること […]

年度末3月31日と新年度4月1日にすべきこと 何かを始めるには最高の時

こんにちは、ウキクです! 年末に「大晦日にすべきことは、ただ一つ! 今年最後の投稿」という記事を書きました。気づけば今年も4分の1が終わり、明日から新生活をスタートする、という方も多いのではないでしょうか。 年度のはじめ […]