ミニマリストの真似事を始めました。スティーブジョブズの影響

こんばんは、スティーブ・ジョブズ教信者のウキクです!

昨日、我が家はプチ大掃除(どっちやねん)をしました。私は、もともとものをため込む性格ではないのですが、かなりものを減らしました。気持ちいいです。これがミニマリストというのだろうか、トレンドに乗ってみました。

 

ミニマリストとは?

要は、ものを減らしてシンプルに生きる人たちのことですよね。断捨離ブームからの流れで、名前が変わっただけじゃないかと思っているところです。

でも、その内容は共感しています。シンプルな部屋、シンプルな考え方、シンプルな生き方というのは憧れであり、そうなれば日々を「重すぎず」に生きられるのではないかと思うんです。

 

経緯

なんで、急にミニマリストブームが私の中で始まったかというと、きっかけがあったのです。Amazonプライムビデオで、映画『スティーブ・ジョブズ』を観たのです。公開当時にも観ているので、2回目です。でも、最近新しい『スティーブ・ジョブズ』も観れるようになり、どっちもタダで観たのです。

で、古い方の『スティーブジョブズ』で「シンプルに生きれば人生が単純で幸せなことに驚くであろう」というセリフがあったんですね。

彼の生き方というのは、壮絶ですがその言葉がやけに私の心に響いたんです。前に観たときは響かなかったのに。笑

それでもう、すっかり脳内はスティーブジョブズのことでいっぱいになり、影響されやすい私は、早速部屋の掃除に取り掛かったという次第です。

 

影響されやすい性格は得

私は、昔から人の影響を受けやすい性格でした。それによって、色々間違った方向に進んだこともありましたが(笑)、まぁ最近は「それでいいじゃないか」と開き直ってきたのです。

その時々で、影響されるもの、心に響くものが違っていいじゃないか、ええじゃないかということです。

さすがに、タートルネックにジーンズはやりませんが。心の部分での話です。「彼ならこう考えるだろう」というのを、自分の考えにプラスしてみると、思いの外世界が広がるものです。

 

当面Windowsは敵

ということで、信者の私はやはりアンチWindowsをしばらく続けようと思います。この盗人野郎と。

ただ、スティーブジョブズも相当なクソ野郎なので、どっちもどっちですかね。それでも、こんなに愛されているというのは、奇跡の人物です。

なんで日本の会社のほとんどはWindowsなのでしょう。国家予算を立ててでも、すべてをMacにして欲しいですね。そうすれば、日本も変わるでしょう。

と、盲信する怖さを改めて実感しているところです。笑

いや、もはや宗教ですな。まだ見ていない方は、Amazonプライムビデオでぜひ観てみてください。

そういえば、「スティーブジョブズがもしも江戸時代にいたら。たらればシリーズ」という記事も書いていたので、おヒマでしたら。

古い方はこちら↓

新しい方はこちら↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

Bluetooth(ブルートゥース)イヤホン

Bluetoothワイヤレスイヤホンを買う気になれない3つの理由 深刻な充電問題

こんにちは、ウキクです! みなさんは、Bluetooth(ブルートゥース)イヤホン持ってますか? ご存知のようにBluetooth(ブルートゥース)イヤホンは、ワイヤレスで利用できるイヤホンのこと。革命的であるものの、ど […]

知らない、知っている。実行する、しないの格差ったらないですよ。

こんばんは、ウキクです! 昨日は、大変有意義なセミナーに参加させていただきました。その内容とは関係ないのですが、そこで思ったことがあるので、皆さんにも知ってもらいたいと思います。   目次1 本を読む人、読まな […]

映画「恋はデジャブ」を例に一日が何度も繰り返されたら 選択論 第二回

選択論の第二回です。 前回の記事はこちら(選択論 第1回)です。 映画「恋はデジャブ」はご覧になったことはありますか? 目次1 同じ一日が何度も繰り返させる2 永続的な選択3 次回予告 同じ一日が何度も繰り返させる そん […]

日々の選択は未来を変えるのか 選択論第一回

こんにちは、ウキクです! 「選択」とは何か。そんなことをわざわざ意識して考えたことのある人は少ないのではないでしょうか。   目次1 意識してない「選択」を意識してみる2  3 「選択」で未来が変わる4 選択す […]

幸せとは点であり、線にすることが難しい

こんばんは、ウキクです! 皆さんは「あぁ、幸せだな」と感じる瞬間は、どんな時ですか?私は好きなスーパー銭湯に行って、ぬるめの炭酸泉につかり空を見上げた時(外にあるので)に「あぁ、今幸せだ」と感じます。 最近感じていること […]