お金を目的にしていると、虚しさが待っている。お金で何をしたいのか考えよう

こんにちは、ウキクです!

FPの勉強を始めました。そろそろ、サクッと一通り終えておきたいところです。仕事をしながらなので、がっつりというわけにはいきませんので、毎日コツコツと。

FPの勉強をしていて思いました。世の中にはお金が「目的」になってしまっている人が大勢いるのではないかと。

 

お金は手段です

「とにかくお金が欲しい」「金持ちになりたい」そう、思う人はたくさんいます。じゃあ、お金持ちになって何がしたいのか?という疑問に、明確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。

お金があったら何をしますか?という質問に、日本人の多くは「貯金」と答えます。じゃあ、その貯金は何のための貯金ですか?と聞くと、「特に…将来に備えて」というパターンが多いです。

たしかに、お金があれば自由を手に入れることはできます。将来の不安も解消されるかもしれません。でも、その自由を手にして、何をしたいのかまで考えている人は少ないと思います。

さらに、大きな金額のお金を持っている状態は、リスクでもあります。どこで管理するのか、どうやって目減りのリスクを回避するのかなど、将来への不安は消えたようでも「お金を持っている不安」が生まれてくるはずです。

もちろん、家を買って、車を買って、いい服を着てなどお金で解決できる欲望はあります。でも、それは「点」でしかありません。もし、1億円が手元にあったら、それらの望みはすぐに叶ってしまうでしょう。

ひとしきり欲しいものを買って残るのは、虚しさなのではないかと思うのです。

 

何のためにお金が欲しいのか

これは私の勝手な憶測なので、賛否両論かもしれません。「目的のためにお金が欲しい人」と「お金が目的」とでは、圧倒的に前者の方がお金を手にする可能性が高いと思います。

なぜなら、お金を一つの手段と理解しており、その先の目的を実現したいという強い思いがあるからです。

お金が目的になっている人は、その先を考えていないので、もし大金を手にしても先ほど説明した虚しさに襲われてしまうと考えます。

つまり、何のために、いくらのお金が必要なのか具体的にイメージできている人ほど強いと思います。

 

目的+逆算+具体性

以前、「ライフイベント表を作ってみたら愕然!月10万円の貯金が必要だと判明」という記事を書きました。要は、目的が先にあって、それにいくらの費用がかかるのか、今からいくら貯める必要があるのかを明確にすべきです。

目的が具体的であればあるほど、金額が性格であればあるほど、実現可能性は高まっていくでしょう。つまり、目的・逆算・具体性は1セットです。

とにかくお金が欲しい!ではなく、何のためにお金が必要なのか、みなさんも考えてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

Evernote Mac用アプリを使用する時の注意点 ノートブックの削除はできないようだ。

こんにちは、ウキクです! みなさん、すでにEvernoteを使ってますか? 極めるとかなり使い勝手のいいものなので、ぜひ活用しましょう。 さて、私はMacbookでEvernoteのアプリをダウンロードして使用しているの […]

サラリーマンが節約しながらお洒落をする方法 【スーツ・靴・ネクタイ編】

目次1 お金をかけなくてもおしゃれな格好はできる1.1 会社での服装はかなり重要な要素1.2 お金を稼ぐためにお金を掛けるという矛盾1.3 スーツ編:安くていいものが買えるおすすめ店1.3.1 P.S.F.A (Perf […]

花粉症対策を自分のためにまとめておこうと思う。

こんにちは、ウキクです! 私は小学生の頃から花粉症で、かなり長いお付き合いです。春というのは気持ち良い季節のはずなんですが、花粉症のことを考えると気が重いんですよね。 最近ではかなり対策方法も増えてきたようなので、自分の […]

コンビニ

違うコンビニに同じ店員が働いていたという怪奇現象を体験した話。

こんにちは、ウキクです! 今日、郵便物を出すのと買うものがあったのでローソンに行ったのです。そこで、怪奇現象が起きました!すごく「どうでもいい話」なので、ご注意ください。   目次1 ローソンのポストへ投函2 […]

映画好きなauユーザーなら「auビデオパス」がお得!映画館の割引も

目次1 映画が好きなら、auビデオパスはあり!2 auビデオパスとは3 auビデオパスのメリット3.1 映画館で割引が使える3.2 4つのデバイスに対応3.3 レンタルも可能4 auビデオパス、まずは無料お試しを 映画が […]