文字を打ちすぎて腕を痛めたので、Macbookの音声入力機能を使ってみた。

こんにちは、ウキクです!

仕事柄当然のことではあるのですが、タイピングしすぎて手首を痛めてしまいました。今は痛みはおさまっていますが、時々激痛が走ります。腱鞘炎気味です。

 

ライターのシングルポイント

SEをしている友人に教えてもらった言葉なのですが、そこがダメになると全部ダメになるやつのことらしいです。私の場合は、PCと腕がシングルポイントですね。(使い方が合っているかわかりませんが。笑)

前にも書きましたが、今使っているPC(Macbook air)が故障した場合、なかなか面倒なことになります。一応その点は、リスクマネジメントとしてクラウドにバックアップなど、対策済みです。

ところが、今回の手首の激痛は予想外でした。でも、命取りだよなと軽い状態で気付けたので良かったです。

 

文字が打てなくなったら

ネットで腱鞘炎について調べてみたのですが、「場合によっては手術が必要な場合も…」と不安を煽られて何も解決しないまま今に至ります。

今はまだ「たまに激痛」程度なので、文字が打てないレベルではありませんが、そういう場合も想定しておかなくてはと思いました。

そこで、Macbookに備わっている(iPhoneにもその機能はあります)音声入力機能を試してみました。

 

Macの音声入力設定

非常に簡単です。「システム環境設定」から「音声入力と読み上げ」を選択し、音声入力を「入」にするだけです。私は「fnキーを2回押し」て起動します。

試しに入力してみたのが、こちらです。

小さくて見えにくいかもしれませんが、かなり優秀です。「、」や「。」は「てん」「まる」と言えば入力してくれますし、漢字の変換も行ってくれます。

感動しますよ!

 

実践レベルではないが、覚えておいて損はない

すごい便利なのですが、私はどうしても手で打つことに慣れているので、まだまだ実践的ではありません。なんか、緊張しちゃいますし、書きながら考えている部分があるので実践レベルには訓練が必要そうです。

そもそも、この記事をかけているので、今は仕事もできます。

ただ、これで(極端ですが)「腕がなくても仕事ができる」ということがわかりました。スキルではなく、物理的な腕という意味です。(笑)

これは、文章を書くだけではなく、かなり応用が利く機能だと思います。ぜひ、お試しください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

文体が与える印象 電話と文章の共通点とは?

こんにちは、ウキクです。 以前、「読んだら忘れない読書術」樺沢紫苑 読んでみた3という記事を書きました。 その中でAmazon unlimitedについても少し触れましたが、その後も活用しています。まだ、無料期間なので、 […]

取材・インタビュー時のライターの必需品

目次1 取材・インタビュー時の私の標準装備!1.1 バインダー1.2 ノート1.3 ボールペン1.4 名刺・名刺入れ【必須】1.5 ICレコーダー【必須】1.6 水分1.7 装備は、千差万別 取材・インタビュー時の私の標 […]

楽天モバイルでテザリングはあり!モバイルルーターより安いよ! 

目次1 楽天モバイルでテザリング!1.1 モバイルルーターは高い1.2 楽天モバイルでテザリング1.3 楽天モバイルの新プラン1.4 楽天ポイントも、もちろん貯まります。1.5 1年経てば解約手数料なし1.6 ネットの情 […]

営業マンならサボるのが基本 おすすめのサボり方も紹介(実体験より)

営業マンならサボるのが基本 おすすめのサボり方も紹介(実体験より)

昨日に引き続き、社会の常識とは真逆な賛否両論な内容です。(笑) 営業マンというのは、外出する機会が多くサボりやすい職種の一つ。もちろん、結果を出さなければクビになることもあるかも知れませんが、できる営業マンほど上手にサボ […]

FP3級試験に申し込みをしました。実技試験は日本FP協会で受験。

こんにちは、ウキクです! 以前「ライフイベント表を作ってみたら愕然!月10万円の貯金が必要だと判明」という記事で、FP3級に「まずは申し込みます」と公言しましたが、無事申し込みが完了しました。 試験日は5月28日。申し込 […]