文字を打ちすぎて腕を痛めたので、Macbookの音声入力機能を使ってみた。

こんにちは、ウキクです!

仕事柄当然のことではあるのですが、タイピングしすぎて手首を痛めてしまいました。今は痛みはおさまっていますが、時々激痛が走ります。腱鞘炎気味です。

 

ライターのシングルポイント

SEをしている友人に教えてもらった言葉なのですが、そこがダメになると全部ダメになるやつのことらしいです。私の場合は、PCと腕がシングルポイントですね。(使い方が合っているかわかりませんが。笑)

前にも書きましたが、今使っているPC(Macbook air)が故障した場合、なかなか面倒なことになります。一応その点は、リスクマネジメントとしてクラウドにバックアップなど、対策済みです。

ところが、今回の手首の激痛は予想外でした。でも、命取りだよなと軽い状態で気付けたので良かったです。

 

文字が打てなくなったら

ネットで腱鞘炎について調べてみたのですが、「場合によっては手術が必要な場合も…」と不安を煽られて何も解決しないまま今に至ります。

今はまだ「たまに激痛」程度なので、文字が打てないレベルではありませんが、そういう場合も想定しておかなくてはと思いました。

そこで、Macbookに備わっている(iPhoneにもその機能はあります)音声入力機能を試してみました。

 

Macの音声入力設定

非常に簡単です。「システム環境設定」から「音声入力と読み上げ」を選択し、音声入力を「入」にするだけです。私は「fnキーを2回押し」て起動します。

試しに入力してみたのが、こちらです。

小さくて見えにくいかもしれませんが、かなり優秀です。「、」や「。」は「てん」「まる」と言えば入力してくれますし、漢字の変換も行ってくれます。

感動しますよ!

 

実践レベルではないが、覚えておいて損はない

すごい便利なのですが、私はどうしても手で打つことに慣れているので、まだまだ実践的ではありません。なんか、緊張しちゃいますし、書きながら考えている部分があるので実践レベルには訓練が必要そうです。

そもそも、この記事をかけているので、今は仕事もできます。

ただ、これで(極端ですが)「腕がなくても仕事ができる」ということがわかりました。スキルではなく、物理的な腕という意味です。(笑)

これは、文章を書くだけではなく、かなり応用が利く機能だと思います。ぜひ、お試しください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

時代への感度が高い人と仕事するのは、本当に楽しい。

こんばんは、ウキクです! 今日は新しいお仕事として、久々の都会に繰り出しました。とても刺激的な1日でした。   目次1 お昼の品川には要注意2 貴重な体験3 「すごい人」の共通点4 カタチから真似る5 今から次 […]

セブンアンドアイのリンゴ酢を買ってみました。評価・レビュー

目次1 セブンアンドアイのリンゴ酢はちょっと残念1.1 セブンアンドアイ リンゴ酢1.2 セブンアンドアイ リンゴ酢の評価1.3 リンゴ酢にも個性がある セブンアンドアイのリンゴ酢はちょっと残念 おはようございます、ウキ […]

松岡修造から学ぶ説得力。あの説得力の秘密に迫る。

おはようございます、ウキクです! 心が弱っている時に、松岡修造の「ありがたいお言葉集」なる動画を観ました。はじめは、面白半分に観ていたのですが、観ているうちに心に刺さる名言が次々と出てきたのです。 そこで思ったのは、あの […]

iphoneカメラ音量ボタン

iPhoneのカメラは、音量ボタンでもシャッターが切れます。

iPhoneやMacなどのApple製品には、意外と知らない隠れ技があったりします。 当たり前に使っている人は「当たり前」と思っているので、わざわざ人に教えたりしません。でも、知らない人は知らないまま、便利な機能を教える […]

crowdworks

プロクラウドワーカーに認定されました!嬉しいので紹介。

こんにちは、ウキクです! 最近眠気が強く、朝なかなか起きられません。午後になっても少しぼーっとしてますが、記事を書きながら覚醒しようと思います。 さてさて、今日一通のメールが届いておりました。私の仕事の中心にもなっている […]