福井県大野市 空想旅行 行ったこと はないけれど。第2回

こんにちは、ウキクです!

空想旅行の2回目です。初めて見る方のために簡単に内容をお伝えします。

 

単純です。

知らないし、行ったこともない、日本の市区町村を私の独断と偏見で、全て紹介してみようという企画です。

これによって、私は行ったことがなくても、行ったつもりになれるということと、もしかしたら死ぬまで縁がなかったかもしれない市町村に、勝手に縁ができるという自己満足な企画です。

最終的には全ての市町村を紹介します。まだ2回目です。日本には合計1,718市町村あるので、2/1,718という何年かかるんでしょう。

前回、思いの外宮崎県串間がいいところで、行ってみたくなってしまったのでした。

【前回記事】空想旅行 行ったことはないけれど。第1回 宮崎県串間市

 

福井県大野市

今回も一生訪れなそうな都市を選びました。福井県大野市です。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a
この赤い部分です。

大野市のHPを閲覧

前回同様、「福井県大野市」で検索してみました。当然、大野市のウェブサイトが最初に出てきます。(ちなみにPCで見ています)開いてみると、色合いがいかにも役所感漂うHPです。笑

でも、TOP画面の大野市のロゴの隣の写真が気になりました。お城?ですね。その横には「結の故郷 越前おおの」とあります。

うむ、またしても実は結構有名な都市なのかと焦りを感じます…

ちなみに、何度も書いているのですが私は世界史受験だったので、日本史は高校では受けていません。それゆえ、日本史全般、城などには疎いです。(ちなみにこっそり今勉強してます)お城があるってことは有名ですよね、絶対。

もうちょっと見てみますね。

 

天空の城でした!

なんかテレビで見たことがある気がしてきました。越前大野城というらしいです。以下、公式サイトからの引用です。

越前大野城は、大野市北西部に位置する大野盆地にある標高約249mの亀山に築かれた平山城です。 安土城が築城された前年、天正3年 (1575) 頃、織田信長より大野郡の3分の2を与えられた金森長近により、5年の歳月をかけて築城されました。 土台となる石垣は、自然石をそのまま積み上げた野面積み(のづらづみ)という工法で作られています。 現在の天守は、昭和43年に絵図や同時代の城を参考に再建されたもので、内部には歴代城主の遺品が数多く展示されています。

引用元:http://www.onocastle.net/about/

すみません、金森長近って誰すか?笑

でも、めちゃくちゃ絶景です!その前にHPまたしてもカッコよすぎ。(http://www.onocastle.net/#)ということで、大野市が「城推し」であることはよくよくわかりました。

 

他には何があるのかな?

すみません、なんか偉そうに。城の謎は解明されたので、次に気になる「結の故郷 越前おおの」というのを見てみます。これまた和風でオシャレなHPですよ。

結の故郷とは?というページを見てみました。

という言葉には、昔の村の生活において、田植えや稲刈りなどの農作業、狩猟や植林などの山仕事、道路を直したり橋を付け替えたりなどの修繕、そのほか冠婚葬祭などのいろいろな仕事をお互いに助け合う習慣の意味があります。その他に、これまでの歴史において越前おおのが地域と地域を結ぶ役割を築いてきたことや、各地域の活性化に結びつく役割を担っていく意味も込めています。このように、生活や地域が結びつきながら、ゆっくりと営んできた越前おおのは、結が詰まった一つの故郷(くに)なのです。

引用元:http://yuinokuni.jp/

 

めちゃくちゃいい都市じゃないですか。都内の通勤電車の中吊り広告の代わりに、この言葉を全部貼ってやりたいですね。日本て、そういう国じゃないですか。素敵な言葉、考え方です。

う?ん、またしても私は素敵な都市を引き当ててしまいましたね…いや、それで良いんですけど、ちょっと過疎ってる田舎とかの方がいじりがいがあるな、とか思ってしまっていた自分が恥ずかしいですね。

結の故郷は、「ゆいのふるさと」ではなく「ゆいのくに」と読むそうです。

 

水が有名

自然豊かなこともあり、水が綺麗で有名なようです。清水(しょうず)という湧き水が、名水100選に選ばれているとか。そこで、気になるものを発見!

「水を食べるレストラン」? 以下、引用です。

越前そばの、軽やかな香り。 日本酒の、芳醇な風味。
お米のつやに、和菓子の甘み。
このまちの「おいしい」は、みんな大野の水生まれ。
山に囲まれた豪雪地帯の大野市は、
雪どけ水をたっぷりとたたえ、
豊かな水環境が息づく、「天然の水がめ」です。
農林業・発酵業など、このまち独自の営みは、
水と共に生きる知恵と、水への感謝によって育まれてきました。

この「水をたべるレストラン」の製品には、ひとつひとつに、
「水」と人とがつむいだ物語が秘められています。
いったい、どんな物語なのか。
それは店主に聞くもよし、あなた自身が感じるもよし。
大野の水の恵みを、まずはおなかいっぱい楽しんでください。

引用元:http://www.carrying-water-project.jp/restaurant/index.html

なるほどね。面白い発想ですね。確かに水を「食べて」いるんですよね。感動。しかも、水源の確保に困っている東ティモールを支援しているそうです。本当に素敵です。

 

大野市の行ってみたいところ

HPで「観光のご案内→モデルコースを見る」をクリックしたものの、404エラー(ページが見つかりません)。これは、モデルコースはないよ、ってことでいいかな?笑

で、他のリンクから情報を収集してるんですが、結構ページが見つかりません表示…市の方、せっかくのHPがもったいないので、見ていたら改善してください。

越前大野城

先ほどの「天空の城」です。ここは外せないですね。早朝からやっている時期もあるようなので、時間を調べて朝か夕方にいきたいですね。

寺町通り

中世から近世にかけて建てられた寺院がずらりと並んでいる通りだそうです。寺好きにはたまらないです。16寺あるそうですから、御朱印帳もいっぱいになってしまいます。

春日神社 両遠の樹

樹齢100年以上のスギとケヤキが根っこが繋がって一つになっているそうです。良縁のパワースポットになっていて、多くの人が訪れている模様です。

これは都市伝説好きには行かざるをえない場所です。

福井県自然保護センター

これもすごい!日本一星空が綺麗と認定されたらしいですよ。これは行かなきゃですよね。

刈り込み池

こりゃ不思議な池なようですよ。水が流れてくる川はあるのに、出て行く川がないという不思議スポット。写真を見る限り、紅葉の時期には最高な景色でしょう。

 

これくらいでしょうか。だって、観光パンフレットにそれくらいしか載ってないんだもん。笑

でも、私の大好きな自然の豊かさがありますから、間違いないでしょう。

観光パンフレットPDF:https://www.city.ono.fukui.jp/page/shokokanko/pamphlet_d/fil/travelguide.pdf

 

大野市で食べてみたいもの

上庄里芋

身がしまっていて、煮くずれしないのが特徴だそうです。芋好きにはたまりません。

そば

大野では、大麦を育てた後にそばを育てる農家が多いんだそうです。二毛作ですね。水がおいしいところで育ったそば、食べてみたいです!

 

穴馬(あなま)スイートコーン

とうもろこしです。これを材料にしたソフトクリームもあるそうです。それは必食ですね。

 

とんちゃん

こういうの待ってました!前回の「ふかふか」的な、名前だけで何かわからないやつ!と、思ったら全国的には「ホルモン」て言います的なことが。笑

醤油カツ丼

出ました、B級グルメ!美味しそうです。

卵を使っていなくて、ルールは、①福井県産の醤油タレを使用すること、②カツを盛ること、③主役級の野菜を盛ることらしいです。

 

大野に行くならここに泊まりたい

宿も調べてみました。が、ちょっとレベルが低すぎますね…泊まりたいところありませんでした。まぁ、観光にそんなに力入れていないんですかね。ということで、代わりに福井県内の宿を。

まとめ

前回の串間に比べると、ちょっと観光目線での魅力には乏しいですが、住むのにはとっても良さそうです。

あと、やはり最近の地方自治体はHPに力を入れてますね。特設ページのようなものの作り込みがしっかりしています。でも、リンク切れとかはやはり問題ですな。私みたいに大野のファンになりうる人間も見るわけですからね。(こんな奴の方が少ないでしょうが)

串間の時もそうでしたが、宿ですよね問題は。もっと綺麗で、宿自体に魅力があればそれ目当てで大野に行く人だっているだろうに。

せっかく「天空の城」という最強な観光名所があるのに、もったいないです。

とまぁ、今回は「近くに行ったら城を見に行ってみようかな」という感想ですね。

でも、都市としての取り組みは本当に素敵だと思います。これで、私も大野市との縁ができましたので、また機会があれば紹介してみようと思います!今日はこの辺で。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

北海道久遠郡せたな町 空想旅行 行ったことはないけれど。第4回

こんにちは、ウキクです! 空想旅行の4回目です。北海道に上陸しました。(笑)   目次1 空想旅行とは 2 北海道久遠郡せたな町2.1 せたな町のHPを閲覧2.2 せたなライド2.3 せたな町で農業やろうぜ!3 […]

no image

世界からスマホが消えたなら たらればシリーズ第一弾

いつもタイトルはパクってばかりのウキクです。 今回もまたその映画観てませんし、本も読んでおりません。あらすじさえ知りませんがテレビCMで知りました。 世界から猫が消えたなら (小学館文庫) posted with ヨメレ […]

スティーブジョブズがもしも江戸時代にいたら。たらればシリーズ

こんにちは、ウキクです!久々にたらればしてみようと思います。   目次1 もし、スティーブジョブズが江戸時代にタイムスリップしたら2 後記 もし、スティーブジョブズが江戸時代にタイムスリップしたら 「スティーブ […]

ターミナル2

愛媛県西条市 空想旅行 行ったことはないけれど。第5回

こんにちは、ウキクです! 今すぐにでも旅行に行きたい衝動が、止まりません。ということで、空想旅行で気を紛らわせます。今回で5回目になりました。 結構、この企画が好きなコアなファンの方がいらっしゃるので、気合を入れて書こう […]

空想旅行 行ったことはないけれど。第1回 宮崎県串間市

こんにちは、ウキクです!新しい企画を始めてみます。 知らないし、行ったこともない、日本の市区町村を全て紹介してみようという、これまた無謀な企画です。 これによって、私は行ったことがなくても、行ったつもりになれるということ […]