変なホテル(ロボットホテル)があたり前になり、やがて人間の貴重さに気づく日が来る。

こんにちは、ウキクです!

先日、長崎のハウステンボスに続き浦安にロボットホテルができましたね。先駆者は強い、のは間違いありませんがそれがスタンダードになる日はそう遠くないと思っています。

ちょっと中辛モードです。

 

ロボットホテルとは

ご存知の方は多いと思いますが、ホテルの受付など全てロボットが接客をしてくれるというホテルです。今の我々の感覚では「へえ!すごい、面白そう」と話題性があります。

でも、それって正直もうとっくに「当たり前」になってもいい時代だと思っています。遅いくらいです。

人工知能、ロボット、その進化は私たちが知らされている情報以上に進化していると、私は思っています。ロボットホテルが可能なら、もっと先のところまで行っていると。

完全に人間がいないわけではないそうですが、従来のホテルの人件費よりは安くなるわけです。(厳密に言えば、初期投資がかかるので、元を取るラインはあると思います)

つまり「人じゃなくてもいい仕事」になっているのです。

 

ロボットホテルが当たり前になる日

ロボットホテルは今は話題ですが、近い将来それが当たり前になる時代が来ます。

クレームを言ってくる嫌なお客さんに、従業員が疲弊することは無くなります。深夜勤務も不要でしょう。

「雇用の問題はどうするんだ」という議論もありますが、それは人間がすべきことをすればいい、と私は考えます。それに、完全に人がいなくていいという状態になるには、さすがにまだ時間がかかると思います。メンテナンスなども必要でしょうし。

人工知能、ロボットは敵ではありません。ドラえもんはみんな好きなのに、現実にそれが起こると否定するというはちょっと違う気がしているのです。人間がより、やりたいことに専念できるように協力してくれる味方と考える方がいいでしょう。

 

当たり前になるとどうなるか

今あるロボットホテルは、先駆者ですから追随するホテルが必ず現れます。そうすると、価格・サービスでの差別化が求められるようになります。

「日本のホテルの全てがそうなったら、宿泊業界は大変なのではないか」と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはないと思います。

ロボットホテル自体は人件費がない分、利益をあげられるでしょうし、人間が出迎えてくれるホテルも絶対になくならないと思います。

逆に「人間が接客してくれる」は価値になると思うのです。だって、旅館でロボットだったら少し味気ないな、と思いませんか?帝国ホテルのような、接客レベルが高いところも残るでしょう。

つまり、人間がしてくれることは高価値のサービスになり、貴重な存在になると思います。普段は、安いロボットのホテルに泊まり、家族で行く旅行の時には、旅館で人間に接客してもらう、それいいですよね。

 

危機感を感じるなら動けばいいだけの話

仕事が奪われると感じるなら、考えて、行動すればいい話です。ただ「こわいこわい」と言っているだけの人は、置いていかれても文句は言えないと思います。

人は「知らないものに恐怖を感じる」ので、まずは知ればいいと思います。私は、もうこわいとは思わなくなりました。むしろ、より人間的な生き方ができるような時代になるならラッキー!と思っています。

10年後、世界がどう変わっているか。楽しみですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

初詣に行くなら、最低限のルールは守ろうぜ!

こんばんは、ウキクです! 1本記事を書いたらなんだか物足りなくなったので、今日初詣に行った時のお話を書きます。ちなみに、ここでは「神社」についてのお話です。お寺の場合にはまた違ったマナーがありますので、要注意です! &n […]

ワイヤレスイヤホンポイント

Bluetoothワイヤレスイヤホンを選ぶ際のポイント

ワイヤレスイヤホンを利用している人、増えていますね。電車でよく見かけるようになりました。 以前、「Bluetoothワイヤレスイヤホンを買う気になれない3つの理由」という記事を書いたのですが、依然として私はワイヤレスイヤ […]

自分にフェイントをかけるとクリエイティブになれる理由。

ボンソワール、ウキクです! 皆さんは自分にフェイントかけたことありますか?笑 目次1 フェイントとは2 自分にフェイントとは?3 自分へのフェイントのかけ方4 応用編5 注意点6 最後に フェイントとは 説明するまでもあ […]

死ぬまでにしたいことリストを作る、本当のメリット。

こんばんは、ウキクです! 今年度、最初の投稿です。皆さんも「死ぬまでに〜〜したいな」「これをしないと死ねない!」というもの、ありますよね。 私はある時期、思い立って「死ぬまでにしたいことリスト」を作ってみたことがあります […]

白菜から派生した深い話 人間は、究極な「個性」を食べて生きている

こんばんは、ウキクです! いきなり悟ったようなタイトルで、「ukik is dead」と思われた方もいるかもしれませんが、なんてことのない話なんです。   目次1 夕飯の買い物をしている時でした2 白菜だけじゃ […]