映画「恋はデジャブ」を例に一日が何度も繰り返されたら 選択論 第二回

選択論の第二回です。

前回の記事はこちら(選択論 第1回)です。

映画「恋はデジャブ」はご覧になったことはありますか?

同じ一日が何度も繰り返させる

そんなことがもしあなたの身に起こったらどうしますか?

例えば、昨日を想像してみてください。

こうしていればもっとうまくいっただろう、あの一言は余計だったかな、そんなことがやり直しができます。

ただし、一度ではなく何度も同じ日が繰り返されます。一曲リピートのように。

主人公はそんな状況に苛立ちます。

そして自殺を試みます。

でもまた目が覚めると同じ朝が始まる。

それから彼はその日を楽しもうとします。

同じ日である、という認識、記憶があることを利用して様々なことに挑戦します。

そして、最後は豊かな人間になりヒロインと結ばれます。

そしてその最高の一日を終えると、「次の日」になっているのです。

単純に映画としても楽しめるだけでなく、1日というものを考えさせられる作品です。

そもそも、同じシーンが何度も登場するのですが、主人公の行動だけが違うんですね。どうやって撮影したのだろうと気になっています。

永続的な選択

この映画からわかることは、やはり人は「選択」をすることで未来が変わるということです。

同じ選択をしたとしても、そのタイミングによっても未来は変わるのでしょう。

それを意識した時に、全てが選択に見えてきてしまったのです。

そしてそれは、どの瞬間にも当てはまり、死ぬまで続きます。

パラレルワールドがあるのかは俄に信じがたいてすが、右に進んだ自分と左に進んだ自分は違う世界を生きることになるでしょう。

はたまた選択なんか関係なく、結論が変わらないこともあるのかもしれません。

次回予告

次回は有名な「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を取り上げて選択を考えてみます。

個人的にはやはり「1」が好きですね。

今回の「恋はデジャブ」とはまた違った選択の捉え方になると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

タイピングがやたらと強い(うるさい)人には気をつけろ!

目次1 タイピングがうるさい人には要注意!1.1 ハードタイパーの誕生背景1.1.1 ストレスが溜まっている1.1.2 自意識過剰1.1.3 人の気持ちを考えられない人1.2 もう少し、人を大切にする時代になってほしい […]

2017年を予想 未来年表(by博報堂)を基に、考えてみた。

おはようございます、ウキクです! みなさま、お正月いかがお過ごしでしょうか。私は特に普段と変わらない生活を送っております。駅伝、早稲田優勝もあるかも!それを期待しています。   目次1 2016年 振り返り2 […]

年度末3月31日と新年度4月1日にすべきこと 何かを始めるには最高の時

こんにちは、ウキクです! 年末に「大晦日にすべきことは、ただ一つ! 今年最後の投稿」という記事を書きました。気づけば今年も4分の1が終わり、明日から新生活をスタートする、という方も多いのではないでしょうか。 年度のはじめ […]

人生には、努力ではどうしようもないことが起こる。

こんにちは、ウキクです! 生きているといろいろなことがあります。私はよく周囲の人に「波乱万丈な人生だな」「そんなこと経験している?すごいね」など、言われます。 私の中ではそれが当たり前、と思っていても所謂「普通の人生」で […]

プレミアムとつけるのは、そろそろやめにしませんか。

こんばんは、ウキクです! 巷には「プレミアム」が溢れかえっていますよね。でも、そろそろ「プレミアム」のプレミアム感は薄れてきているように感じるのです。   目次1 プレミアムとは2 プレミアム〜〜3 プレミアム […]