お金がなければ、セルフ(メンズ)カットという選択を

ウキクです。あなたは自分で自分の髪の毛を切ったことはありますか?

ない、と答える人が多いと思います。私はあります。というより、今でもします。なぜそんなことをするのか!?書いてみようと思います。よく「やめなよ」と言われるので。

 

セルフカットをする理由

 

  • お金がかからない。

ハサミなどを買う初期費用こそあれ、それ以外はお金はかかりません。

 

  • 美容室に行くのが面倒くさい(人に会いたくない時もある)

なんか休みの日なのにヒゲを剃って、それなりの格好をして、手厚い接客を受けるのが面倒になるときがあります。

 

  • おしゃれな空間に自分が適している気がしない、かつスポーツ刈りにされそうなので床屋でもない。

いつから床屋から美容室に行くようになったのでしょう。私は高校の時から美容室に行っていました。

 

  • 美容室に行くことももちろんあるが、美容師さんがやっているのを見ていると自分でもできる気がしてきた。

簡単な仕事だ、と言っているわけではないです。ただ、少し手先の器用さがあり「何かを真似る」ことも得意だったので、盗んでみることにしました。

 

こんな理由からかれこれ10年前くらいから自分で切ることがあります。最近はずっと美容室に行っていましたが、またセルフカット熱が高まってきています。

こればっかりは、万人にお勧めするわけにはいきません。それは、年齢や立場や職業、頭の形・髪質など千差万別だからです。でも、チャレンジしてみたいという方は参考にしてください。

その前に、あなたは毎回の散髪にいくら使っていますか?私は美容室に行く時は必ずホットペッパービューティーのアプリを使い、初回割引を使いっています。そのうちいい美容室にめぐり合えればそこに行ってもいいと思います。

最近では、1,000円カットも美容室風のところも増えてきましたよね。そこで満足できるなら、それが一番コスパ最高だと思います。

さて、ここからは勇者のみご覧ください。

 

セルフカットしていい人

  • (元)美容師である?? この記事を読むまでもありません。笑
  • 手先の器用さには自信がある。自分で器用だ!と思っているだけではダメです。他者から「器用だね」と言われたことがありますか?
  • 自分の頭の形、髪質をわきまえている。 どこにボリュームが出てしまうか、クセはどうか把握できていますか?
  • スキバサミの特徴を理解している。
  • 髪を切るということは、不可逆的な事象であるということを十分理解している。切りすぎても元には戻せません。
  • 失敗しても凹まない、この記事のせいにしない。
  • 明日誰かにイジられても気にしない。

 

してはいけない人

  • 過去に挑戦してみたことがあるが失敗し、今回リベンジしたい!  気持ちは買いますが、大人しく美容室に行きましょう。
  • 明日は大事なプレゼン、もしくはお客さんとのアポがある人。
  • 明日プロポーズ、告白する人
  • 不器用であると自覚がある
  • 鏡を見ると右か左かわからなくなる人
  • ハサミって何?

実践編

必要なもの

  • 散髪用のハサミ
by カエレバ

 

  • くし ※私は基本使いません。
by カエレバ

 

  • かっぱみたいの ※なければお風呂場で裸でやりましょう。100均にありそう。
by カエレバ

 

 

  • 霧吹き ※なければ髪を手でまんべんなく濡らしましょう。100均にあります。
by カエレバ

 

  • 鏡 ※なければ勘でやりましょう。嘘です、100均にありますので買ってください、お願いします。
by カエレバ

準備ができたら

  1. 霧吹きで軽く髪を湿らせます。
  2. 基本はスキバサミしか使いません。ボリュームのあるところから、ザクザクと頭のてっぺんの方から3?5回に分けて、ハサミが神に対して90度の角度になるよう、垂直に切っていく。(私の場合)サイドがボリュームが多いので、その辺りは細かく刻む。
  3. 後ろは手鏡などあれば見ながらザクザク。私はなしでやります。触りながらボリュームの多いゾーンを集中的に切る。
  4. 襟足が難しいポイントの一つなので、バランスを取りながら切る。
  5. 耳周りなどは丁寧に、長さを見ながら切る。左右対称になるように気をつけましょう。
  6. 前髪は切りすぎない!前髪が一番器用さが問われる部分です。慎重にいきましょう。ここもザクザクします。
  7. 仕上げに普通のハサミで調整します。

これだけです。笑

 

出来れば…

一人でやるより、誰かに見てもらいながらやることをお勧めします。奥さんでも彼女でも友達でもいいので。皆さんの検討を祈ります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

楽天ビデットカード

楽天銀行JCBデビットカードがとても便利でお得なのでお勧めしておきます。

目次1 楽天銀行JCBデビットカード、素晴らしい!1.1 デビットカードとは1.2 楽天デビットカードとは1.3 楽天デビットカードのメリット1.3.1 年会費無料1.3.2 今まで利用用途がなかった1000円以下の残高 […]

忙しい

忙しいのと暇なのどっちが好きですか?忙しいのは嬉しいことだと思うことにしました。

こんにちは、ウキクです! 昨日も更新できませんでしたね…かなり忙しくなってきて、無理やり時間を作らないと更新ができません!でも頑張ります! そんな中、昨日サイトのデザインを変えました。(その時間はあるんかい) […]

財布の紐が緩むタイミングを知ることが、節約の始まり。

こんばんは、ウキクです! 「今月から節約だ!」と意気込んでも、給料日前にはいつも同じ状態な人っていますよね。私もその一人でした。会社に勤めていると、「お付き合い」もありますから、なおさら「節約」はハードルが高いです。 F […]

ワークポートはチェンジができるらしい。笑

こんばんは、ウキクです! 君、無理!チェンジ!OKだそうですよ。笑   目次1 転職王2 転職エージェントを使うメリット3 デメリット4 ワークポートはチェンジOK5 転職って悪いことじゃない 転職王 私も転職 […]

【TABICA】体験型がブームな理由とその魅力!

おはようございます、ウキクです! 最近、「体験型」というのがブームですよね。何がそんなにブームなのか、私なりに調べてみました。 目次1 体験型とは?2 体験型の魅力3 都会でも「土に触れる体験」を4 魅力的なプログラム5 […]