凛として時雨 「鮮やかな殺人」#4

こんばんは、ウキクです!

久々に音楽記事です。3人組ロックバンド、凛として時雨の『#4』というアルバムの1曲目「鮮やかな殺人」を紹介します。

 

凛として時雨とは

Gt&Vo TK(本名:北嶋 徹)、Ba&Vo 345(本名:中村 美代子)、Dr ピエール中野(本名:中野 正敏)のスリーピースバンドです。TKと345は東洋大学出身で、その頃から一緒にバンドをやっていたそうです。

「syrup16gが好きなら、もしかしたら好きかも」と友人に勧められて、凛として時雨を聴き始めました。はい、結果大好きになりました。1度ライブにも行きました。大好きなんですが、最初の印象は「なんじゃこれ!」という感想でした。

TK(男)と345(女)が掛け合いで歌うのですが、TKの声が高すぎて女の人が全部歌ってる、と思っていたのです。

TKの声は独特なので、聞き慣れるまでに時間がかかりましたが、今ではすっかりハマっています。なんといっても、「ザクザク」「シャキシャキ」したサウンドがたまりません。キメ!キメ!という感じも少し中高生感があって結構好きです。笑

 

#4 鮮やかな殺人

もちろん、すべてのアルバムを聴いているのですが中でも「鮮やかな殺人」という曲は、最も凛として時雨らしい曲なのではないかと思うのです。

リズムも面白いですし、サウンド的にも面白い。そして、「こダサさ」(私の中では褒め言葉です)がなんともたまらないのです。中でもギターリフの部分は「一見ベタなんだけど、耳に残るし心地よい」のです。

ジャジャジャジャとかのキメもベタ良いです。笑

歌詞の世界観がぶっ飛ぶすぎているので、「意味がない歌詞は嫌い」という方は抵抗があるかもしれません。でも私は、意味のない歌詞の方が好きなので、ツボです。

ちなみに、アルバムの2曲めは「テレキャスターの真実」という曲なんですが、聴いてもテレキャスターの真実は知ることはできません。笑 (めっちゃかっこいい曲です)

 

ライブは必見

もし、「凛として時雨は好きだけどライブはまだ」という方は、ぜひ!迫力がありますよ。そして、何より音楽性とのギャップのあるMCにも注目です。

ドラムのピエール中野氏がメインで話します。かなりおちゃらけていて、それが面白いです。TKはMCでは喋らなかったですね。

凛として時雨も紛れもなく「ライブバンド」でしょう。

CDもいいですが、やはり醍醐味は生のライブです。「チケットキャンプ」で調べてみたところ、2月24日のチケットが販売されていました。くそ〜、行きたいぞ。

まだ聴いたことない方は、この機会にぜひ!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

ハルカトミユキ

ハルカトミユキ 『シアノタイプ』 メンヘラロックでは片付けられない。

こんにちは、ウキクです! もともと長いことバンドをやっていたと少しお話したことがありましたが、1年ほど前からドラムを始めました。 syrup16gの曲をスタジオに入って、一人黙々と叩くというストレス発散をしています。 s […]

Codes in the Clouds 作業用BGMに最適なイギリスケント出身のバンド

仕事をしながら音楽を聞くことができるのは、フリーランスの特権です。 もちろん、中には「社風としてOK」「仕事的にOK」な会社もあるかもしれませんが、多くの場合はイヤホンで音楽を聴き始めたら怒られるでしょう。私は残業をして […]

no image

PHILIPSのイヤホンがやっぱりオススメ。髭剃りだけじゃない!

こんにちは、ウキクです。 PHILIPSというと先ず髭剃りを思い浮かべませんか?そんなことないよ、という人はごめんなさい。笑 私もかつては「PHILIPSは髭剃りの会社」というイメージしかなかったのですが、今では「家電メ […]

エディーヒギンストリオ Eddie Higgins Trio 「Don’t smoke in bed」名盤

こんにちは、ウキクです! 春らしい日が増えてきましたね。さて、今日はそんな春の夜に聴きたいジャズをご紹介します。 ジャズと言えばBill Evans 『Walts For Debby』が有名ですが、それをを紹介するのは面 […]

Ed Sheeran (エド・シーラン)の曲が、無性に心をくすぐる。

おはようございます、ウキクです! 今日は、最近になって聴くようになったアーティストの紹介をしたいと思います。日本でどれくらいの知名度があるかわかりませんが、少なくとも私は最近知りました。   目次1 Ed Sh […]