イヤな気持ちを消す技術 苫米地英人著 読んでみた8

こんにちは、ウキクです!

都市伝説、特に陰謀論が好きな方には有名な苫米地氏。「胡散臭い、信じられない」と思う人がいる一方で、熱烈なファンもいます。でも、そんなことは重要ではありません。本に書かれていることを、自分が好きなように捉えればいいと思うからです。

苫米地氏の本は、これで2冊目ですが私は得るものが多い本でした。レビューについても賛否両論ですが、かなり論理的に人の「イヤな気持ち」を考える視点は、今の私にとってはとてもためになりました。

ただ、すべての人におすすめできるかは正直わかりません。抵抗を感じてしまう人は、かえって悪影響にもなりかねません。素直に受け入れる心が、この本を読むためには必要だと思います。

 

イヤな気持ちとは

わかっているようでわかっていなのが、感情や心というもの。感情は現象であり、台風と同じ現象に対する名称に過ぎないと定義しています。

おそらく、この時点で「それは違う」と反発する方も多いかもしれませんが、「そういう定義の仕方があるのか」と知ることは損することは何もないと思います。

要は、イヤな気持ち、イヤな記憶というのは突き詰めれば脳の働きです。イヤな気持ちを記憶しておく、という行為は人間が進化していく過程では必要不可欠です。

つまり、当然の反応です。

 

イヤな気持ちの消すには

あまり詳しく書いてしまうと、読む楽しみがなくなってしまうので大枠だけをお話しします。一言で言えば、脳の仕組みを知ることで、それを逆手に取った方法で乗り切るというものです。

イヤな気持ちは、人間の進化のためには必要なものですが、自分にとっては何も有益なことはありません。過去に起こったことは変えることはできませんが、未来はいくらでも変えることができます。

いつまでもうじうじしているのではなく、この本で書かれていることを実践してみて、イヤな気持ちとはさっさとおさらばするのが賢明です。

 

イヤな気持ちを消す+α

ここからは、この本を読んでみて自分なりに考えたことです。

少しだけ本の中身から、オマージュさせていただきますが「イヤな気持ちが浮かんできたら、無理やりにでも楽し買ったこと、嬉しかったことと結びつける」というような方法が紹介されています。

それを私自身実践してみよう、と思ったのですが、それだけではなく「エネルギーにしてしまえばいい」と考えるようになりました。

話題の「アンガーマネジメント」も、そのような手法ですが、負のエネルギーというのはかなり強いものです。それを正のエネルギーとして、有効活用すればいいのだと思うのです。

私は、高校時代長く付き合っていた彼女に振られたことがきっかけに、それをエネルギーにして大学受験に力を注ぎました。「見返してやる」「後悔させてやる」という感情を逆手に、エネルギーに変えたのです。間違っても、それは人に向けてはいけません。あくまでも、自分のエネルギーにします。

もちろん、そう簡単にはいきませんし、辛さはありました。でも、イヤなことがあったら「大きなエネルギーを得られるチャンスだ」と考えるようにしようと、今は思っています。

私は極度なポジティブ主義は好きではありませんが、「大きなエネルギーを得られてラッキー!」と思うことができればおそらく、イヤな気持ちなんてなくなります。

 

早速、動き出します

本当に、イヤな気持ちにとらわれるだけだとひとっつもいいことはありません。私は昨日、大きな目標を2つ定めました。くよくよ悩む時間があったら、前向きにそれらにエネルギーを注ぎ込もうと決めました。

何年か後に、極端な話ですが「あの時、きっかけをもらえてよかった。ありがとう」と言えるように、今頑張ろうと思います。

可能性は無限大ですね。イヤな気持ちで、停滞してしまっている方は騙されたと思って一度読んでみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

電子書籍を利用しないと損をする 本と電子書籍を上手に使い分けよう。

こんにちは、ウキクです! 皆さんは一ヶ月にどれくらい読書をしますか? 私は文学を勉強してきたものとしては、お恥ずかしいくらいの読書量かもしれません。昔はそれなりに読んでいたのですが、最近はなかなか時間を割けずにいました。 […]

お金と宇宙の不思議な法則 畠山晃 読んでみた6

こんにちは、ウキクです! 年末年始は、勝手に読書週間に設定し図書館から大量の本を借りてきました。おいおい、他の本についても紹介していこうと思います。   目次1 お金と宇宙の不思議な法則1.1 読んでいい人1. […]

no image

読んだら忘れない読書術 樺沢紫苑 読んでみた3

こんにちは、Amazon unlimitedの衝撃の凄さに、ようやく気付き始めたウキクです。 色々なところで話題になっているので、知っている方のほうが多いとは思いますがAmazon unlimitedとは、月額980円の […]

「美女と竹林」(森見登美彦)に直筆サインが入ってた話 嬉しいけどちょっと切ない

こんにちは、ウキクです! 入院中に本を読みまくっていた、という話は以前書きましたが自分で持っていった本以外に、友人がお見舞いに来てくれた時に本を持ってきてくれました。 そこで、びっくりする事件があったので書いていきます。 […]

どうしても続けられない人の悪い習慣45 田口智隆 読んでみた9

おはようございます、ウキクです! 皆さんも「続けたいことは続けられず、やめたいことはやめられない」ということ、一つはありますよね。私にも当然あります。そこで、「どうしても続けられない人の悪い習慣45 」という本を読んでみ […]