1%の幸運を100%手に入れる強運のつかみ方 橋本京明著 読んでみた1

こんにちは、ウキクです。本を読んだので、レビューを書きます。

陰陽師をご存知でしょうか?

かつての日本では、その存在が「当たり前」だったわけですが、現代ではなかなか馴染みがないのが事実です。
でも、現代にも陰陽師が存在しているんですよね。それがラスト陰陽師こと橋本京明さんという方です。

昨日の都市伝説ネタからのこの流れで「この人、変な宗教に入ってる人なのかな?」と思われないか心配です。笑 きっちりと否定しておきます。神道は好きですが、宗教には入っておりません。

1%の幸運を100%手に入れる強運のつかみ方

実は、最近いいことが立て続けに起こったんです。

それで「運がいいなぁ」なんてぽろっと口にした時に、「そういえば運て何だろう?」という疑問が生まれました。

そして、この本を手に取りました。(と言っても楽天koboで購入したので、実際手に取ったのはiPadですが)クーポンとポイントで0円で購入しました。タイトルは「1%の幸運を100%手に入れる強運のつかみ方」です。

レビュー

これはいい本でした。

タイトルはおそらく編集者の人がつけたんでしょう。安っぽいタイトルの割りに、内容は面白いです。

 

本当に「タイトルに数字入れときゃ間違いない!」という考え方嫌いです。ブログ記事にしろ本にしろ「??になるためのたった一つの??」「??するときに知っておきたい5つのこと」とかね。ただ乗っかてるだけと思ってしまいます。それだけ出版社も厳しいんだな、と勝手に同情しておきます。散々言ってますが、私買ってますからね。笑 (別にタイトルに惹かれたわけではないです。本当に)

さて、「これで本当に運が良くなるか」というのは別として、「日本人としての在り方」さらに言えば「人間としての在り方」を思い出させてくれる一冊です。

マナーというか、所作というのでしょうか、気持ち良く生きるために皆がこの本に書かれていることを実行してくれればいいなと思います。

おそらくこの本も「自己啓発」というカテゴリーなんだと思いますが、ありがちな押し付けがましさがないです。

「運のいい人はこんな共通点があるんだよ」っていうのを、実際の経験を元に書かれています。結構具体的な方法も書いてあります。

そういうのが嫌いな人は「受験から資格勉強まで使える「アーカイブ勉強法」」で書いたように、「いいとこ取り」をしてもいいと思います。でも、これを読んで「共感できないな」と思った人とは、一生仲良くなれない気がします。だって、人間としての最低限の所作ですからね!

ただ、この類の本を読むといつも思うのですが、この本で言えば「運がいい人の共通点」が書かれています。「共通点を真似することで運が良くなるのか」「運がいい人が、たまたまそういう共通点があるのか」がわからなくなる時があります。

本当にお金持ちは長財布なのか ?それでも私は長財布を使う?の記事にも共通しているのですが、「金持ちだから長財布を使っている」と「金持ちになりたいから長財布を使う」というのは、果たして同じなんでしょうか?

そのことを考えると、私は大学受験の時を思い出します。

私は、社会の受験科目として「世界史」を選択していました。しかしながら、早稲田大学の受験データというのがあるんですが、それを見ると合格者のほとんど(割合は忘れましたが7割くらいだったかと思います)は「日本史」で受験した人なんですね。

10代にしては、ややセコイ考えだったのかもしれませんが「日本史で受ける方が受かるんじゃね??」と一瞬頭によぎりました。(そんな訳ないんですが)なんだかそれに似ているなと。ちなみに、私はちゃんと「世界史」でも合格しました。笑

これは、この本を批判しているわけではありません。何が言いたいかというと「結果論を真似することが、必ずしもその人の結果に結びつくわけではない」ということです。絶対相対論みたいですが。人それぞれ、ということです。だから「100%実行」よりも「いいとこ取り」をお勧めしているというわけです。

話が逸れてきましたので、軌道修正します。とにかく、この本は「人間としての在り方」「日本人の在り方」の教科書として読むと、大変ためになる本です。

「そんなの当たり前だよ」と思うことも書いてあります。でも、その「あたり前」を、わざわざ本で伝えなくてはいけない時代になってしまったということです。これは、警鐘と言っても過言ではありません。

それこそ人によるとは思いますが、数時間で読み終わる本です。堅苦しく考えず、気が向いたときにサクッと読んでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

no image

読んだら忘れない読書術 樺沢紫苑 読んでみた3

こんにちは、Amazon unlimitedの衝撃の凄さに、ようやく気付き始めたウキクです。 色々なところで話題になっているので、知っている方のほうが多いとは思いますがAmazon unlimitedとは、月額980円の […]

iOSだと楽天koboとAmazon kindleアプリから本を買うことができないので、目次読み

こんばんは、ウキクです! 最近、過去に買った本をよく読み返しています。記憶というのは、本当に頼りにならないもので「この本にはこんなことが書かれている」と思って読み始めると、実は違っていたということがあります。 本は読むと […]

電子書籍を利用しないと損をする 本と電子書籍を上手に使い分けよう。

こんにちは、ウキクです! 皆さんは一ヶ月にどれくらい読書をしますか? 私は文学を勉強してきたものとしては、お恥ずかしいくらいの読書量かもしれません。昔はそれなりに読んでいたのですが、最近はなかなか時間を割けずにいました。 […]

お金に強くなる生き方 佐藤優著 読んでみた10

こんばんは、ウキクです! FP3級の勉強をしながらも、2級合格に向けて知識を蓄えています。知れば知るほど、お金というものは不思議な存在です。今回は、佐藤優著「お金に強くなる生き方」を読んでみました。   目次1 […]

フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。肥沼和之 読んでみた7

こんにちは、ウキクです! フリーライターとして生計を立てて行くとなったら、情報収拾が欠かせません。色々な本を読み知識を深めています。日々勉強です。   目次1 フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。1. […]