タイピングがやたらと強い(うるさい)人には気をつけろ!

タイピングがうるさい人には要注意!

どの職場でも必ず一人はいるタイピングが強い(うるさい)人の存在。

そういう人が近くにいる場合には、要注意です。集中力が途切れるだけではなく、人として問題がある可能性があります。

今回は、なぜ彼ら(以下、ハードタイパー)が存在するのかをについて考えました。

 

ハードタイパーの誕生背景

ハードタイパーにも、いくつかのパターンがあります。

  1. キーボードが元々うるさい仕様になっているパターン
  2. キーボード自体はうるさくないはずだが、うるさいパターン
  3. Enterキーを押すときだけ、うるさいパターン

1に関しては、仕方ない部分もあると思います。そういう場合には、↓このようなパッドを敷くことで緩和されます。私もしようしていました。(タイプスピードが遅くなるため、もう使っていませんが)

2の場合が、一番厄介です。なぜなら、自覚がない可能性が高いから。3は2よりも可愛いものですが、カッコつけやろうの可能性があります。

2と3に考えられることは、以下の通りです。

 

ストレスが溜まっている

仕事のストレスなのか、個人的なストレスなのかわかりませんが、心が正常な状態ではない可能性があります。たとえ注意したところで、それもストレスになり、改善されることはないでしょう。

ストレスがなくなっても、習慣化しているので直る気がしません。

 

自意識過剰

キーボードのタイピングの音は、気持ちいいように作られています。

パソコンの種類によっても異なりますし、別でキーボードが販売されているのは、より良い音、押し心地を求める人が購入しているそうです。

それ自体は、悪いことではないと思いますが、それに浸っているのはいただけません。「音を立ててタイプしている俺、かっこいい」「私、仕事できるわ」的な発想の人も多いですよね。

家ならまだしも、職場でやられるとたまったもんじゃないです。

 

人の気持ちを考えられない人

つまり、自己中心的で他人にどう思われようが関係ない、という人の可能性が高いという結論です。以前「空気を読「まない」人が最強である。」という記事で書いたことと同じようなことです。

そういうタイプの人には、私なら近づきません。(笑)

 

もう少し、人を大切にする時代になってほしい

ハードタイパーの話から逸れてしまいますが、結局言いたいことは「もう少しだけ、人の気持ちになって行動しようよ」ということです。

仕事なら、なんでも許されるのかと。

人と人だということを、絶対に忘れてはいけないと思います。経済的な豊かさではなく、心の豊かさを第一に考える時代になってもらいたいものです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

中庸の難しさ 欲望をコントロールできる人が、やはり最強である。

こんばんは、ウキクです! 欲望というのは、人間である以上避けて通ることのできない感情です。それをコントロールするのは、理性です。でも、そのどちらも人間には必要だと感じています。 今日は、欲望と理性のお話です。 目次1 欲 […]

自分にフェイントをかけるとクリエイティブになれる理由。

ボンソワール、ウキクです! 皆さんは自分にフェイントかけたことありますか?笑 目次1 フェイントとは2 自分にフェイントとは?3 自分へのフェイントのかけ方4 応用編5 注意点6 最後に フェイントとは 説明するまでもあ […]

no image

大学で何を学びたいか迷っている、又は「文学」を学びたい受験生へ

以前、おっさんから大学生へのメッセージを書きましたが、受験生の方々にも、少し役に立てる記事を書いてみようと思い、書き始めました。腐っても鯛、腐っても早稲田卒ということで。 私は大学で4年間、あと大学院で半年(実際はもっと […]

絶対相対論 第一回 絶対コレは買いの絶対って何?

選択論、忘却論に続き新たな「論」を展開します。 同時に書き始めているため、なんとも中途半端な感は否めませんが、それぞれ自分の中で大事にしたいものですので、時間をかけてそれぞれ深めていければと考えています 目次1 絶対と相 […]

情報

個人ブログが力を持つ時代がやってくる予感がしている。

こんにちは、ウキクです! このブログを始めて、1年が経とうとしています。実は、大学生時代にも毎日ブログを書いていたことを思い出しました。その頃も、日々思ったことを書いていたのですが「よくあれだけ書いてたな」と自分で感心し […]