8月はブログのアクセス数が過去最大(2万PV)に まだまだですね

こんにちは、ウキクです!

サッカー日本代表やってくれましたね!期待予想の2-0で勝利!本命予想の1-1が外れて良かったです。

さて、今日は先月(8月)にこのブログのアクセス数が過去最大になり、ほぼ2万PVでした。(正確には50PVくらい足りてないですが)

ちょっとだけ、その経緯をお話します。

 

入院期間中(7月)は更新頻度減少でもアクセス微増

7月は入院してましたので、更新はスマホから数回程度でした。でも、大きくアクセス数は減ることはありませんでした。むしろ、6月より微増しました。

ブログの世界では「更新頻度は命」と言われています。それは確かだと思います。でも、ある程度の記事数がストックされてくると、更新頻度が下がったとしても、大きくアクセス数は変わらないのではないか、ということも感じています。

ただ、毎日更新した方がいいのは言うまでもありません。ですので、アクセス数を増やしたい方は甘んじることなく、毎日更新すべきです。

 

8月のアクセス数が増加した要因

SEOキーワードを意識

「狙ったキーワードで書いた記事」が、予想通りアクセスを底上げしてくれたというのが一つです。ブログ開設当初はSEOなんてよくわからなくて、とにかく更新していただけでした。

でも途中からSEOを学び、それを意識して記事を書くようにしました。(もちろん、SEO無視した記事も未だに書きますが)それが、じわじわと検索順位を上げていったようで、大きくなってきました。

あとは、「突発的なビッグワードもきちんと拾った」ことです。過去の記事を見れば、わかる方にはわかると思います。

Googleアレゴリズム変更が好影響説

先日、ライター仲間のR氏と話していたところ最近またしてもGoogleさんの検索エンジンアレゴリズムがアップデートされたとの話が出ました。

手前味噌ですが、今回のアップデートでGoogleさんに評価していただけるようになったのではないか、というのも考えられます。

 

ブログ収益について

「アクセス数が増えたなら、さぞ懐も潤っていることだろう」とお思いの方もいるかと思いますが、そんなことはありません。むしろ、収益は下がっております。

その理由は明白なのですが、話してしまうともっと下がりそうなのでやめておきます。(笑)

確かに、アクセス数が増えることによって増える収益もあります。しかし、「全体としては減少」というのが正直なところです。

つまりブログは、「アクセス数だけ稼げばいいのではない」ということが、よくよくわかりました。自分の中では、改善点は明確になっていますので、今月は記事の投稿と併せて、過去の記事のリライトをしていきます。

見通しは難しいですが、年内には3万PV以上は達成したいところですね。本来、今年中に5万PVとぬかしていましたが、現実的に考えれば、まずは3万PVが妥当でしょう。

みなさんも、ブログ始めてみませんか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

31eyes

3月1日は31eyesブログの日ということにします。毎年秘密を暴露していきます。

こんばんは、ウキクです! 3月になりましたね。ブログを始めて1年が経とうとしています。正確には、1歳の誕生日(初投稿日)は3月5日です。 31歳の時に始めたものの、今年は33歳になってしまいます。そろそろあまりにも適当に […]

ブログの更新をサボると、すぐにアクセス数に返ってくる。

こんばんは、ウキクです! 最近、「毎日更新」ができなくなってきてしまいました。ズバリ、理由は「仕事を優先しているから」と「モチベーションが低下しているから」です。   目次1 アクセス数の壁2 更新頻度はアクセ […]

MySQLを削除してしまった時の対処法。復旧までの道のり

こんにちは、ウキクです! ようやく投稿ができるようになりました。ご覧いただいて分かるように、ある程度復元することができたのです。今まで約180記事を投稿していたのですが、100記事程度になってしまいましたが、ここまで戻せ […]

HTMLやCSSの知識がなくてもブログはできる。

こんばんは、ウキクです! ブログを初めて1年2ヶ月が経ちました。もうすぐ300記事目になります。1日1記事投稿の目標はなかなか果たせていませんが、ここまで継続できたことは自分でも褒めてあげたいと思います。 最近、ブログに […]

mysql

【寄稿】MySQLのデータベースを誤削除して壊れたWordPressサイトをバックアップ無しで復旧するまでの方法論

こんにちは、ウキクです! さて、今日は特別編です。以前、31eyesが崩壊の危機に陥りました。一言で言えば、私の凡ミスと管理体制の甘さが原因でした。そこで、助けていただいた際の話で、寄稿というかたちで投稿していただきまし […]