ハルカトミユキ 「DRAG & HUG」 (『LOVELESS/ARTLESS』収録)

完全に夏バテして、弱っていたウキクです。

そんな夏バテが一気に吹き飛んだ出来事がありました。

Google Play Musicでハルカトミユキの新譜『LOVELESS/ARTLESS』が聴けることがわかったのです。8月17日リリースのフルアルバムが、です。

つくづく、時代は変わったなと思います。

音楽を「売る」時代は、もうとっくに終わっていたんです。これは「いい意味で」です。

そんな時代こそ、私が望んでいた時代でもあります。

私の野望の一つに、いつか音楽を「売りもの」ではなく、ただ「感じる」ものにしたいというのがあります。それでこそ「本当のもの」が発信されると思うからです。

その方向に時代が向き始めているな、と感じたところです。

2nd fullALUBUM『LOVELESS/ARTLESS』

さて、本当はこのブログではバランスを取って、他のアーティストを紹介したいと思っていました。同じアーティストは2巡目に、と思っていたのです。

ところが、あまりの衝撃に筆(ことキーボード)を執っている次第です。しかし正直に言いますと、私が今感じていることを文章にすることができるのか、甚だ不安です。

その理由は「今まで味わったことのない感覚を今感じている」からです。

LOVELESS/ARTLESS
by カエレバ

【iTunes】
LOVELESS/ARTLESS – ハルカトミユキ

さて、全10曲。初回盤DVDには、12曲収録。

はじめに全曲を通して聴いた時に感じたことは、私は「ハルカトミユキ」に「置いていかれた」ということです。

というのも、前回記事で紹介した『シアノタイプ』からの「変化」なのか「進化」なのか、はたまた「側面」なのか。とにかく、私の知らないハルカトミユキの世界がそこに広がっていると感じたんです。

もちろん、音楽性が変わったとは思っていませんし、サウンドに関しては、どんどん進化していることは間違いありません。

曲についても「ハルカトミユキ」の曲であることは、よくわかります。でも、アルバムを聴き終えた時の「置いていかれた」感があったのです。

これはどう表現したらいいのでしょう。嫉妬、希望、絶望、歓喜、そのどれでもない。とにかく「置いて行かれたような、新しい感覚」を与えてくれたのです。

長い映画を観終えたかのような感覚に近いかもしれません。もしくは、小説を1冊読み終えた時の感覚とも言えます。

とにかく、私の中で「音楽」を超えた「何か」でした。

「DRAG&HUG」

中でも2曲目に収録されている「DRAG&HUG」という曲を聴いた後、私は思考停止しました。

演奏的な新しさや、コード進行の斬新さなどはないのに完全に「ノックアウト」しました。

私の聴いてきた、脳内音楽アーカイブがぶっ壊れました。

その原因は、私が不老不死になり、何百年生き続けられたとしても選べないであろうメロディーです。

今も「DRAG&HUG」が聴きたくてたまりません。それと何故か同時に凹んでいる私もいます。

この曲を私の中で消化するには、まだまだ時間が掛かりそうです。

ちょうど今頃

新宿のタワレコでミニライブをやっています。どうしていかなかったのか、全く理解できません。

とにかく、ハルカトミユキはもう「掛け算ではなく乗数」で進化していることは間違いありません。今見ないでいつ観るんだ、という気持ちです。

なんともまとまらないまま、記事を終えることになりそうです。

もう少し時間が経ったらまた違ったことを感じているかもしれないので、今回は自分へのメモという気持ちも込めて書きました。

ライブに行った方、是非感想を聞かせてくださいね。今一番ライブを観に行きたいアーティストです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

ATH-CKF500 Amazonで売っている最も高価なイヤホンとは?

こんにちは、ウキクです! 以前、イヤホンについてはこんな記事を書きました。 【参考記事】PHILIPSのイヤホンがやっぱりオススメ。有名なのは髭剃りだけじゃない! ふと思い立って、Amazonで売っている最も高いイヤホン […]

no image

好きなドラマーを真似る 素人による素人のためのドラム講座 【2打目】

【前回記事】 素人による素人のためのドラム講座 これからドラムを始める方へ【1打目】 今回は実践編で、もう少し具体的な話をしてみたいと思います。 まだまだ上級者からしたら、改善点がたくさんあると思いますが、初心者だからこ […]

no image

キセル 『magic hour』極上の「まろっと」を味わおう。

ウキクです。 さて、昨日に続き良い音楽紹介していきます。今日はくるりとも縁が深い、キセルというユニットを紹介したいと思います。 目次1 兄弟ユニットです。2 キセルの魅力3 オススメの1枚 兄弟ユニットです。 京都出身の […]

plenty/プレンティ やっと出会えたのに、解散

こんばんは、ウキクです! 今日は明日のFP試験に備え、詰め込み勉強を中心に過ごしました。仕事も溜まっているので、大変です。さて、そんな中ちょっち短めの記事でも更新しておきます。 アーティスト紹介ですが、なんと解散が決まっ […]

Alexis Weissenberg ドッビュシーを聴くならこの1枚。

こんばんは、ウキクです! 記事が全部消える前に、一度書いたような書いていないような曖昧なのですが、私は大のドッビュシー好きでして、自分の前世はドッビュシーなんじゃないかと本当に思っていた時期がありました。   […]