花粉症対策を自分のためにまとめておこうと思う。

こんにちは、ウキクです!

私は小学生の頃から花粉症で、かなり長いお付き合いです。春というのは気持ち良い季節のはずなんですが、花粉症のことを考えると気が重いんですよね。

最近ではかなり対策方法も増えてきたようなので、自分のために、そして同じく花粉症で苦しんでいる人のためにまとめてみます。

 

そもそも花粉症とは

一言で言えば、アレルギー反応ですよね。花粉が粘膜に接触することで引き起こされるそうです。今まで大丈夫だった人も急になったりしますので要注意です。

症状としては、「風邪に類似している」と思っています。たまに風邪なのか、花粉症の症状なのかわからなくなることが多々あります。

 

鼻水

サラーっとした鼻水が、知らぬ間に垂れてくるんです。常にティッシュがないと落ち着きません。もう、家ではティッシュを鼻に詰めています。笑

しかも、柔らかめのティッシュじゃないと鼻をかみすぎて痛くなるんですよ。常に鼻が詰まった状態なのに、たらーっと鼻水が出てくる(というより漏れ出てくる感じですね)。

 

目のかゆみ

こちらもかなり辛い。とにかくかゆいのでよく「目を取り出して洗いたくなる」と言いますが、よくわかります。でも、目を取り出して洗ってもまた花粉が入れば一緒なので、根本的な解決をしたほうがいいと思います。笑

かゆいのでこすったりすると、菌が入ったりして炎症を起こし、負のスパイラルに陥ります。

 

くしゃみ

これも体としては正常な反応ですよね。「花粉きたぞ!くしゃみで追いだせ!」ということですから。ただ、一回始まると止まらなくなるんですよね。

面白いのが、鼻が詰まっていたのにくしゃみをすると一時的に鼻が通ります。笑

 

頭痛

おそらく鼻づまりが原因だと思うのですが、頭が痛くなることもあるのです。いつもではないので、頭痛が始まると風邪なのか花粉症なのかわからなくなるんです。

 

今までに試した対処法

かれこれ20年以上のお付き合いですから、色々試してきました。それを紹介していきたいと思います。

最初に断っておくと、どれが効くかは人によってかなりの差があります。ここでは、私が効果がなかったもの、あったもの、今後使ってみたいもの、挫折したものを紹介していきます。

花粉症対策をするためには、結構お金がかかります。自分なりに節約しながら花粉症対策するポイントもお伝えします。

 

放置

対処法と言っておいて、いきなり「放置」はないだろと突っ込みが入りそうですが、放置していた時もありました。特に小さい頃は、薬を飲んだりするのも嫌だったので、放置してました。

その年の花粉の量が少ない時は、放置でも我慢はできる時もあります。ただ、お勧めしません。

 

注射

忘れもしません、あれは高校受験の時です。花粉症がひどく、このまま受験に突入したらとても試験に集中できない!と親に話したところ、「知人が注射をして治った」という話を聞いたというのです。

そこで、その病院を紹介してもらい「注射してください!」と言ったら「重症な人にしか注射はできないんだよ」と言われてしまったのです。「僕、重症なんですけど」と考えながらも、大人の言うことに従った私でした。

結構ひどい方だと思っていたのですが、もっともっと辛い症状の人が世の中にはいるようです。今はどうかわかりませんが、「もう生きるのが辛い!」レベルであれば、注射をしてくれる病院を探すのもいいかもしれません。

 

粘膜を焼く?やつ

これは、噂で聞いたレベルなので実際にどうなのかわかりませんが、効果は絶大と聞いたことがあります。でもなんか痛そうなので、やったことはありません。

 

下に垂らすやつ

こちらも最近結構話題になっていましたが、ずーっと続けなくてはいけないのいう点で挫折。花粉症の症状が出ない時にもやらなくてはいけないのいうのは、結構面倒臭いです。季節が終われば、忘れてしまうので。

 

点鼻薬

注射がダメだったので、点鼻薬と目薬を処方されました。正直、私は点鼻薬の意味がわかりません。だって、鼻が詰まっているのに、シュッとできないじゃないですか。笑

無理やりやるんですけど、すぐに鼻水とともに出てしまう気がしていまいち効果を実感できません。今でも点鼻薬は使いません。

 

目薬

まぁ、これは効果はあります。ただ、持ち歩いたり定期的に目薬をするのが続かないタイプなので、これも今はしていません。効果はありますので、「目のかゆみだけ」という症状の人ならありかもしれません。

 

甜茶

これも、中学生〜高校生くらいの時にブームになりまして試したことがあります。甜茶ってご存知ですか?なんでか知らないけど、甘いお茶です。笑

まずくもないのですが、うまくもないです。

これは、効果がすぐに出る類のものではありません。日頃から飲み続けることが必要だそうで、「そんなに待ってらんねーよ」と私は挫折しました。

鼻炎薬

最近ではなかなかいい薬(後ほど紹介)が出ていますが、安さと買いやすさから一時期は鼻炎薬に頼っていました。効果はありましたが、とにかく眠くなります

最近は少し改善されているかもしれませんが、症状がひどい人は後述するものの方がオススメです。

 

アレジオン

これに出会った時には本当に感動したものです。なんせ、1日1錠で1日効くんです。これは最高だ!と思っていたのですが、薬局では薬剤師さんがいる時にしか買えないというのが、難点。

しかも高い

正直、これさえあれば花粉症シーズンは他のグッズが必要ないのではとも思うので、そう考えれば安いほうなのかもしれませんが、いかんせん高いです…

アレグラ

アレグラ星人でお馴染みのアレグラです。笑

こちらは、最初アレルゲンよりも効果が薄いような感じがしたのですが、飲み続けていると効きはじました。こちらもアレジオンと同じくらいの価格なのですが、ありがたいことに1日2回なんです!

なんで?1日1回のアレジオンのほうがいいじゃん!とお思いお方もいるかもしれません。万人にお勧めできる方法ではないのですが、1日のうちに症状を抑えたいのって、仕事をしている日中ですよね。

私はサラリーマン時代に、アレグラを朝飲んで、夜は花粉の量も減るので夕方は飲まないという手段を取っていました。家には空気清浄機もあるので、帰ったらすぐにシャワーを浴びれば、花粉を部屋に持ち込まずに済みます。

これが私の中で一番楽で、効果があり、節約できる方法だと思っています。

内科に行く

本当は、内科に早めに受診をして薬を処方してもらうのが一番です。診察料や薬代はかかりますし、薬がなくなればまた行かなくてはいけないという不便さはありますが、間違い無いです。

私は病院に行く時は耳鼻科ではなく、内科でいつも処方してもらっています。耳鼻科だと、私の嫌いな点鼻薬を出されるので。笑

 

花粉症対策グッズ

色々ありますよね。正直、薬に勝てる対処法は無いと思っていますが、併用することでより症状を抑えられるであろうものを紹介します。

 

花粉CUT眼鏡

少し前までは「うわ、ダサ!」というものしかなかった印象ですが、最近ではJINSでも花粉対策用の眼鏡も販売されてますよね。

一見したら、花粉対策用の眼鏡だとわからないところが素敵です。価格もお手頃ですしね!

 

ユーグレナ(ミドリムシ)

これは最近流行りのミドリムシです。ユーグレナというサプリのようなものですが、花粉症にも効果があるようで私も試してみたい一品です。

楽天はこちら:ワキタ ユーグレナ楽天市場店

 

根本的な解決を望む

今年も花粉が多いとか、少ないとか色々な情報が流れていますが、根本的に解決する方法を知りたいというのが本音です。しばらくは、今回紹介したグッズで乗り切りながらも、なんとかしてくれないかなと切に思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

「一流になりたきゃ一流のものを身につけろ」に苦言を呈す。

こんにちは、ウキクです。 最近パスケースが壊れてしまい、新しいものを購入することにしました。 これを購入。 Rosso biancoというブランドの商品です。ストラップも付いていました。 Orobianco(オロビアンコ […]

ライターの仕事とは 文章を書くことの、難しさを痛感している1週間。

こんばんは、ウキクです! ライターとしての生活もすっかり慣れ、おかげさまで忙しい日々を送っています。毎日PCに向かい、文字を打ち続ける日々。「少しリフレッシュを」とブログを書き、また文字を打っている自分に気がつきます&# […]

楽天ビデットカード

楽天銀行JCBデビットカードがとても便利でお得なのでお勧めしておきます。

目次1 楽天銀行JCBデビットカード、素晴らしい!1.1 デビットカードとは1.2 楽天デビットカードとは1.3 楽天デビットカードのメリット1.3.1 年会費無料1.3.2 今まで利用用途がなかった1000円以下の残高 […]

個人情報にもう少しだけ敏感になってみませんか?

おはようございます、ウキクです! 昨今、個人情報の取り扱いについては社会的にも慎重になっていると思います。 しかしながら、「何もしていない」という人が大半なように感じています。気にしすぎるとキリがありませんので、「ほどほ […]

格安SIMのすべて 基本から比較まで 通信費をがっつり節約

今まで何度か、格安SIMに関する記事を書いてきました。 以前よりは「格安SIMにしたよ!」という人が増えてきた印象です。でも、まだまだ少数派であることは間違いなさそうです。 「なんで格安SIMにしないの?」というのが正直 […]