過去問を最初にやるのは当たり前。資格でも受験でも。

こんにちは、ウキクです!

皆さんも受験の時に過去問てやりましたよね?大人になってからも考え方は同じだと気付いたので、記事にしてみました。

 

先に過去問の鉄則

中には「まだ過去問をやるのは早い」とかいう人いるんですけど、敵を知らずしてどうやって戦うの?と言ってやりたいです。

過去問を解く意味って、とにかく自分とゴールとの差を実感することにあると思うんです。できないに決まってますよね。過去問をやって初めて、「あぁ、こういう問題が出るのね。じゃあこういう勉強をしなきゃ」となる訳ですよね。

それは実際に解いてみなければ、感じることはできません。

よく、赤本には傾向と対策、みたいな部分があってそこを読めばいいんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、現代文はまずそれは通用しませんよね。つまり、やっぱり過去問からスタートです。

解いて「あー、できなかったわー」で終わらせたら何の意味もありません。時間を計って、無理やりでも全問解く。何分かかって、どんな問題が出て、どの単元にどれくらいかかったのか、特殊な出題方式はないか、などあらゆるデータを取ります。

問題の問われ方、とか選択肢の特徴とか見ていると絶対傾向があります。

それを2〜3年分もやれば、次にどんな問題が出るのか、何となく見えてきますよね。

 

資格試験の場合

資格試験、特に難関なものほどこの方法は通用するのではないかと思っています。

私も、つまらない資格ばかりたくさん持っているのですが、簡単な資格試験の場合は少し違います。

それは、その資格試験を実施している団体が、公認テキストを出している場合。

もちろん、すべてとは言いませんが、そういう類のものは公認テキストのまんま出ることがあります。なので、2017年版ならそれを元に出しますから読んでね、だから本買ってね、という意味になります。

この場合には、最初に勉強でもいいかもしれませんね。でも、私はそれでも過去問からやってみます。できない感じを味わいたいので。そして、やっぱりゴールが見えないマラソンは辛いので。

TOEICなんかは、出題形式は基本的に同じで中身だけ違うものになりますよね。そういうものも、話は別です。

 

応用編

話はかなり飛躍しますが、人生も同じじゃないですかね。笑

なりたいものから、逆算して今すべきことを考える。仕事でも同じですよね。小さいところで言えば、今週末仕事のことを考えずにゆっくり休みたいな→じゃあここまで仕事を終わらせておかないとな、と逆算できます。

大きなところで言えば、老後は夫婦で世界を旅行するんだ!と考えていたとすれば、逆算してじゃあ今貯金をこれくらい作っておかないとダメだなとか逆算できますよね。

 

例外

ただし、このやり方が通用しない場合があります。それは、その年から内容が変わるということです。笑

私は受験の時、何度かそれに遭遇しました。でも、逆算勉強法は結果として穴が埋まっていくので、意外と冷静に対処できるようになります。

それで焦って思考停止が一番最悪です。

 

何屋さん?

なんか、最近記事のテイストが変わったなと自覚しています。なぜでしょう?私は何屋さんなのでしょう?笑

まぁ、一意見として参考にしていただければ幸いです。

ちなみに、私が今最も気になっている資格は野菜ソムリエです。笑

 

じゃがいものこと、好きになってしまいました。
【サツマイモ】デザートがなければ芋を食べればいいじゃない。2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

信じられる人、信じられるメディアを探すのは本当に難しい。

こんにちは、ウキクです! これ、本当に悩みどころです。皆さんは日々、どの人の、どのメディアを信用して生きていますか?   目次1 軽いメディア論2 大量に仕入れて選別する3 一つのニュースを遡ってみる4 本を読 […]

現象と感情

現象と感情を結びつけるのは、他でもない自分である。

目次1 現象と感情1.1 現象に対する反応は千差万別1.2 自動思考とは1.3 自動思考と偏見・価値観1.4 現象と感情を切り離す1.5 もっと気楽に生きればいい 現象と感情 人の悩みの多くは、「人」に関係するものです。 […]

人生を楽しむかどうかは結局、自分次第だという話。

こんばんは、ウキクです! 今日は、縁あって高齢者の方たちが交流をする場を見学させていただきました。そこで感じたこと、思ったことがあります。それは、高齢者の方たちがとてもパワフルで生き生きとしていたことです。 私は最近、毎 […]

日々の選択は未来を変えるのか 選択論第一回

こんにちは、ウキクです! 「選択」とは何か。そんなことをわざわざ意識して考えたことのある人は少ないのではないでしょうか。   目次1 意識してない「選択」を意識してみる2  3 「選択」で未来が変わる4 選択す […]

2017年を予想 未来年表(by博報堂)を基に、考えてみた。

おはようございます、ウキクです! みなさま、お正月いかがお過ごしでしょうか。私は特に普段と変わらない生活を送っております。駅伝、早稲田優勝もあるかも!それを期待しています。   目次1 2016年 振り返り2 […]