キセル 『magic hour』極上の「まろっと」を味わおう。

ウキクです。

さて、昨日に続き良い音楽紹介していきます。今日はくるりとも縁が深い、キセルというユニットを紹介したいと思います。

兄弟ユニットです。

京都出身の音楽ユニットです。好きな人には有名な話ですが、弟の大学受験失敗から結成された兄弟ユニットです。なんか愛があるし、それで良い音楽を創り出せているというのは、かっこいいですよね。

辻村 豪文(兄,Vo,Gt)
辻村 友晴(弟,Vo,Ba)

基本は、にいちゃんの方が歌っています。でも、慣れるとわかってくるのですがアルバム内でも、弟が歌ったりしている曲があります。初めてキセルを聴いた時には、あまりに似ていて二人で歌っているとは気が付きませんでした。

声は似ているのですが、にいちゃんの方がまろっとしていて、低音から中音域の間くらいが目立つ歌声です。弟の方は、まろっとさを少し無くして、それを少し若くした、はっきりとした声です。

基本はギター、ベース以外は打ち込みのようです。生演奏のものもありますが。ビートもループ系が多く、私が見たことのあるライブ映像でもPCでループでビートを鳴らし、ギター、ベースを合わせて弾いていました。

これもファンの間では有名なのですが、にいちゃんはくるりとは、立命館大学の同級生なんです!同じ音楽サークルに所属していたとか。くるりのメンバーだったこともあるとか、ないとか。

さらに、にいちゃんは斉藤和義のサポートメンバーとしても活躍しているようです。

キセルの魅力

なんといっても、繰り返し勝手に使っていますが、「まろっと感」が最高です。ほっこりとも近いかもしれませんが、聴いていて落ち着きを取り戻してくれるような心地よいサウンドと歌声です。

また兄弟で音楽を作り続けているという点にも、とても尊敬します。兄弟だからこそ作れる曲、兄弟だから表現できるものがあるのだと思います。歌詞も私の大好きな「抽象画系」で、なんだか抽象画の中にいるかのような感覚を味わうことができます。

所謂ゆったりとした曲で「メロディーを聴かせる曲」もあれば、リズムと歌詞を巧く活かした「楽しい曲」もあります。全体的には「春」や「秋」という季節が似合う曲が多いように感じます。

オススメの1枚

どのアルバムもそれぞれに良さがあり選ぶのに迷いましたが、おそらく「このアルバムを聴いて好きにならなければ、ずっと好きになることはないのではないか」という1枚を選んでみました。

それが7枚目のアルバム「magic hour」です。

キセルの曲の中でも3本の指に入る好きな曲「ビューティフルデイ」が収録されています。初めて聴く方は、先ず「ビューティフルデイ」から聴いてみていただきたいです。本当にいい曲だと私は思います。とにかく一人でも多くの方に聴いていただきたい!

ちなみにこのアルバムで言うと、8曲めの「眠る人」、9曲目の「緑の日」は弟ボーカルですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

YUKI2人のストーリー

YUKI「2人のストーリー」は歌詞の世界観がすごい。YUKIの名曲たち

幅広い年代にファンのいるYUKI。 JUDY AND MARYからファンの方、YUKIとして好きになった方、それぞれいらっしゃるでしょう。私は実は後者で、JUDY AND MARY時代よりも、今の方が好きだったりします。 […]

神楽音(かぐらね) 神楽坂のライブハウスが2017年5月31日にオープン

目次1 ライブハウス神楽音、5月31日オープン!1.1 神楽音(かぐらね)1.2 アクセス1.3 ステージに立ちたいですね ライブハウス神楽音、5月31日オープン! こんにちは、ウキクです! 先日、お誘いをいただきまして […]

Ed Sheeran (エド・シーラン)の曲が、無性に心をくすぐる。

おはようございます、ウキクです! 今日は、最近になって聴くようになったアーティストの紹介をしたいと思います。日本でどれくらいの知名度があるかわかりませんが、少なくとも私は最近知りました。   目次1 Ed Sh […]

no image

チャットモンチー 「世界が終わる夜に」

久々の音楽記事です。バンド活動をお休みしてからというもの、今回紹介するチャットモンチーをはじめ、気付けばなぜだか女性ボーカルものばかり聞いています。 このブログでもsyrup16g以外は全て女性ですね。(フジファブリック […]

TheCardigansカーディガンズ

The Cardigans(カーディガンズ)の名曲はCarnival/Lovefoolだけじゃない

テレビやCMなどで使われる音楽って、繰り返し使用されることが多いですよね。前に他のCMで使われていたのに、今はこのCM?みたいなことがよくあります。 音楽と映像の記憶、それは洗脳と紙一重で「音楽を使った広告は(良くも悪く […]