休金日をはじめてみませんか?週に1日から無理なく節約。

休金日

こんばんは、ウキクです!

雪が降っております。寒いです。本当に冷え性には辛い気候です。さてさて、本日は「休肝日」ならぬ「休金日」のススメです。

 

休金日とは?

これは、私のオリジナルの言葉です。検索してみても見当たらなかったので、オリジナルと言っていいでしょう。ちなみに「休筋日」というのは出てきました。筋肉を休ませる日、ということでしょう。

「休肝日」はよく知られている通り、アルコールを控える日のことですよね。休金日も全く考え方は同じです。

生きているとお金がかかります。食事をしたり、必要なものを買ったりと日々お金を使うシーンは様々ですよね。でも、もし週に1日でも「全くお金を使わない日」を作れたら、その分をローンの返済や貯蓄に回せると思うのです。

 

休金日のルール

まずは、週1日から私もはじめてみようと思っています。簡単なことではないですが、ルール化してゲーム感覚で楽しみながらやってみましょう。

「毎週〜曜日は休金日」と決めます。その日は、お金を一切使いません。それだけです。

節約が続かない理由の一つに「無理がある」というのがあると思います。

「毎日弁当を持って会社に行くのは面倒くさい」「コーヒーも持参するのなんて、毎日はやってらんない」という方も多いのではないでしょうか。でも「週に1日だけ」であれば、少しハードルが下がると思いませんか?

週に水曜日だけは休金日としたら、その日だけは弁当を持参したりマグボトルにコーヒーを入れて持っていく。仕事上仕方ない場面もあるかもしれませんが、あくまでもその日は「財布を持っていない状態」だと思ってください。なんなら、家にお財布を置いて出かけましょう。

 

休金日の過ごし方

これの効果は、結構あると思っています。例えば1日に1000円使ってた人であれば、月4000円が浮くことになります。たかが4000円と思うかもしれませんが、年間で48,000円です。

この分を、例えば投資信託を購入したり資産運用に回せばさらに効率がいいでしょう。

「弁当にもお金がかかってるよね?」という質問が出てきそうですが、その通りです。笑

でも、その日にお金を使わないということに意味があるのです。明日が休金日だとしたら「今日の夕飯の残りを明日弁当にしよう」と思えれば、価値があります。

休金日も「飲みに行こう」と言われても断ります。「今日、休金日なので」と思い切って言ってみてもいいかもしれません。朝ご飯はもちろん、家で。お昼も持参したお弁当を食べます。コーヒーは持参したマグボトルのコーヒーを飲みましょう。

帰りは、真っ先に家に向かいます。夕飯も、家にあるものでなんとか作ってみましょう。

 

休金日は目的を持って

目的がないと、モチベーションは上がりません。先ほど触れたように、資産運用に回すための資金にするもよし、欲しいものを買うための資金にするもよし、豪華なディナーをするのもいいでしょう。

休金日の副次的な効果は、思いの外たくさんあるように感じています。きっとお金の大切さを実感するでしょう。そうした意識が身につけば、一生使えるマネーリテラシーが身につきますよね。

ぜひ、お試しください!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

お金がなければ、セルフ(メンズ)カットという選択を

ウキクです。あなたは自分で自分の髪の毛を切ったことはありますか? ない、と答える人が多いと思います。私はあります。というより、今でもします。なぜそんなことをするのか!?書いてみようと思います。よく「やめなよ」と言われるの […]

徒歩15分物件

徒歩15分以上の物件がおすすめな理由 節約と健康を手に入れる

皆さんは賃貸物件を探す時、何を重視しますか?マンション・アパートの最寄駅からの徒歩何分の物件なら、許せますか? 私は昨年12月に引越しをしました。選んだのは徒歩15分のマンション。正確には2駅利用が可能で、もう一つの駅か […]

楽天カフェ(楽天モバイルショップ)に行ってきました。

目次1 楽天モバイルショップ、あり〼1.1 simカードのサイズが違う…1.2 楽天カフェ(楽天モバイルショップ)初潜入1.2.1 5分経過1.2.2 10分経過1.2.3 もう10分経過1.3 安いから許す […]

精神科にうつ病で入院するとは、どのようなものなのか解説(実体験)

こんにちは、ウキクです! 退院して数日が経ちました。体調も安定しており、本当に生き返ったような気分です。さて、1ヶ月近く入院をしていて、ブログも全然書けていなかったので、少しずつ入院についての記事を振り返りながら書いてい […]

やっぱり日雇いバイトしないと厳しいか…思わぬ出費からのFP的再生プラン

こんにちは、ウキクです! 退院してからというもの、みなさんのご好意により何とか生き延びて来られましたが、まだまだ入院前の生活の状態(収入的な安定性)に戻るのには時間がかかりそうです。 他人の不幸は蜜の味だと思うので、どう […]