お金を目的にしていると、虚しさが待っている。お金で何をしたいのか考えよう

こんにちは、ウキクです!

FPの勉強を始めました。そろそろ、サクッと一通り終えておきたいところです。仕事をしながらなので、がっつりというわけにはいきませんので、毎日コツコツと。

FPの勉強をしていて思いました。世の中にはお金が「目的」になってしまっている人が大勢いるのではないかと。

 

お金は手段です

「とにかくお金が欲しい」「金持ちになりたい」そう、思う人はたくさんいます。じゃあ、お金持ちになって何がしたいのか?という疑問に、明確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。

お金があったら何をしますか?という質問に、日本人の多くは「貯金」と答えます。じゃあ、その貯金は何のための貯金ですか?と聞くと、「特に…将来に備えて」というパターンが多いです。

たしかに、お金があれば自由を手に入れることはできます。将来の不安も解消されるかもしれません。でも、その自由を手にして、何をしたいのかまで考えている人は少ないと思います。

さらに、大きな金額のお金を持っている状態は、リスクでもあります。どこで管理するのか、どうやって目減りのリスクを回避するのかなど、将来への不安は消えたようでも「お金を持っている不安」が生まれてくるはずです。

もちろん、家を買って、車を買って、いい服を着てなどお金で解決できる欲望はあります。でも、それは「点」でしかありません。もし、1億円が手元にあったら、それらの望みはすぐに叶ってしまうでしょう。

ひとしきり欲しいものを買って残るのは、虚しさなのではないかと思うのです。

 

何のためにお金が欲しいのか

これは私の勝手な憶測なので、賛否両論かもしれません。「目的のためにお金が欲しい人」と「お金が目的」とでは、圧倒的に前者の方がお金を手にする可能性が高いと思います。

なぜなら、お金を一つの手段と理解しており、その先の目的を実現したいという強い思いがあるからです。

お金が目的になっている人は、その先を考えていないので、もし大金を手にしても先ほど説明した虚しさに襲われてしまうと考えます。

つまり、何のために、いくらのお金が必要なのか具体的にイメージできている人ほど強いと思います。

 

目的+逆算+具体性

以前、「ライフイベント表を作ってみたら愕然!月10万円の貯金が必要だと判明」という記事を書きました。要は、目的が先にあって、それにいくらの費用がかかるのか、今からいくら貯める必要があるのかを明確にすべきです。

目的が具体的であればあるほど、金額が性格であればあるほど、実現可能性は高まっていくでしょう。つまり、目的・逆算・具体性は1セットです。

とにかくお金が欲しい!ではなく、何のためにお金が必要なのか、みなさんも考えてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

退屈はエネルギーがたまっている証拠、らしい。入院で退屈を感じたら

こんにちは、ウキクです。病床より、スマホで更新です。 入院してもうすぐ3週間になります。波はありますが、なんとか元気になってきています。   目次1 入院は退屈とのたたかい2 入院生活の楽しみ3 入院すると些細 […]

試験外出とは入院中に家に帰ってみる試み。2度目の試験外出

こんにちは、ウキクです! 入院し3週間が経過しました。今日は、試験外出と言って「試しに外出してみる」という試みの2回目です。 私の場合、家にトラウマがあり、家に帰るのはなかなか苦痛でした。1回目は、嫌な気持ちになり疲れ果 […]

Amazonプライム会員のすべて。 会員が増えると赤字?

こんにちは、ウキクです! 最近、すっかりAmazon派になってしまいました。なんせ、Amazonプライム会員になったら、お得すぎて楽天が不便にすら感じてきてしまったからです。 もう無料お試ししましたか?Amazonプライ […]

33歳のおっさんが日雇いバイトの登録に行ってきた話

こんばんは、ウキクです! ちょっと痛々しいお話なので、直接私のことをご存知の方は閲覧注意です。(笑) お恥ずかしながら、現在極貧状態となっております。その理由は明らかで、1ヶ月入院していたこと(入院費用)+その期間一切働 […]

貯金なしスキルなしコネなしからのフリーランスは可能か

こんにちは、ウキクです! 前回「正露丸に敬意 白米とふりかけだけで生活すると、体調を崩すので絶対にやめましょう。」という記事で、正露丸を絶賛しましたが、未だ下痢が治りません。正露丸鉄板神話が崩れました…そして […]