文字を打ちすぎて腕を痛めたので、Macbookの音声入力機能を使ってみた。

こんにちは、ウキクです!

仕事柄当然のことではあるのですが、タイピングしすぎて手首を痛めてしまいました。今は痛みはおさまっていますが、時々激痛が走ります。腱鞘炎気味です。

 

ライターのシングルポイント

SEをしている友人に教えてもらった言葉なのですが、そこがダメになると全部ダメになるやつのことらしいです。私の場合は、PCと腕がシングルポイントですね。(使い方が合っているかわかりませんが。笑)

前にも書きましたが、今使っているPC(Macbook air)が故障した場合、なかなか面倒なことになります。一応その点は、リスクマネジメントとしてクラウドにバックアップなど、対策済みです。

ところが、今回の手首の激痛は予想外でした。でも、命取りだよなと軽い状態で気付けたので良かったです。

 

文字が打てなくなったら

ネットで腱鞘炎について調べてみたのですが、「場合によっては手術が必要な場合も…」と不安を煽られて何も解決しないまま今に至ります。

今はまだ「たまに激痛」程度なので、文字が打てないレベルではありませんが、そういう場合も想定しておかなくてはと思いました。

そこで、Macbookに備わっている(iPhoneにもその機能はあります)音声入力機能を試してみました。

 

Macの音声入力設定

非常に簡単です。「システム環境設定」から「音声入力と読み上げ」を選択し、音声入力を「入」にするだけです。私は「fnキーを2回押し」て起動します。

試しに入力してみたのが、こちらです。

小さくて見えにくいかもしれませんが、かなり優秀です。「、」や「。」は「てん」「まる」と言えば入力してくれますし、漢字の変換も行ってくれます。

感動しますよ!

 

実践レベルではないが、覚えておいて損はない

すごい便利なのですが、私はどうしても手で打つことに慣れているので、まだまだ実践的ではありません。なんか、緊張しちゃいますし、書きながら考えている部分があるので実践レベルには訓練が必要そうです。

そもそも、この記事をかけているので、今は仕事もできます。

ただ、これで(極端ですが)「腕がなくても仕事ができる」ということがわかりました。スキルではなく、物理的な腕という意味です。(笑)

これは、文章を書くだけではなく、かなり応用が利く機能だと思います。ぜひ、お試しください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

格安SIMのすべて 基本から比較まで 通信費をがっつり節約

今まで何度か、格安SIMに関する記事を書いてきました。 以前よりは「格安SIMにしたよ!」という人が増えてきた印象です。でも、まだまだ少数派であることは間違いなさそうです。 「なんで格安SIMにしないの?」というのが正直 […]

ライター選択肢

フリーライターの行き着く先 残された選択肢 会社員に戻る?

4月になりましたね。久々の更新です。 フリーのライターになってから、いろいろなことが自分の身に降りかかりましたが、なんとか続けられています。しかし、「このままではだめだ」という思いが芽生えてきたのも事実です。 今日は、な […]

心と体を整えるための7ヵ条を定めました。言ったからには実行します

こんにちは、ウキクです! 昨日は具合が悪く、1日寝込んでしまいました。結局ほとんど仕事もできず、焦りを感じながらも体を休めることに専念しました。やはり、「フリーランスのリスクマネジメントは、体調管理にあり」と言っていいで […]

タイムマネジメント、始めました。時は金なり 時間貧乏にならないために

こんにちは、ウキクです! 秋の気配が漂い「夏が終わってしまったー」という、少し寂しい気分になっています。秋もいい季節ですけどね。 さて、今月から新たに「タイムマネジメント」という概念を取り入れてみることにしました。 フリ […]

ノーブランドとエレコムの比較

VGA変換アダプタ(Mini DisplayPort)はELECOM(エレコム)が間違いない!

以前「MacBookにデュアル(サブ)ディスプレイ導入で効率化 外部モニター最高!」という記事を書いたのですが、そこで紹介した変換ケーブル(MacBookAirからThunderboltをD-sub15pinに変換するも […]