AKB48 「365日の紙飛行機」  聴いてみた2 連続テレビ小説あさが来た

こんにちは、ウキクです!

私が普段絶対聴かない音楽、正直苦手な音楽を敢えて聴いてみて、自分なりの感想を述べてみるコラムです。今日は連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌です。

 

AKB48「365日の紙飛行機」

*iTunesからの試聴・購入はこちら*
唇にBe My Baby (Type A) – AKB48

こちらも人気の曲ですね。
もちろんAKB48ブランドも後押ししていますが、ドラマの主題歌としてのマッチング度は高いように感じます。

はい、今日は早くもフィルター発動です。ファンの方、この曲が大好きな方は気分を害する恐れがありますので閲覧注意です。

——————辛口フィルタ起動中—————-

ちゃんと一曲通して何度か聴いてみました。
それが批判するからには聴き込むのが自分なりのマナーだと考えているからです。

一つ目、語呂が悪すぎるっ!!!

メッチャクチャ歌いにくそうな歌詞ですよね。ひどいです、これは。
歌詞を無理矢理メロディにのせた感、雑さを感じます。AKBさんも歌うの大変なんじゃないですかね。

  • いちぃにちぃが
  • ならなぁいひぃは
  • ひとりぃで
  • さんびゃくろくじゅうぐぉにちぃ

などなどすごく気になります。

はい、次。
人生は紙ヒコーキ?すみません、私には意味が全くわかりません。

どういうことなんですかね。織り方によって寿命が変わりますよって話でしょうか。まぁ、愛や夢を乗せた紙ヒコーキが「飛距離ではなく、どう飛んだかが大事」とのことですがなんか意味が分かりそうで分からない。

紙である必要ありますか?

飛行機だっていいし、竹とんぼじゃダメですかね?これがJPOPの悪いところだと、私は思います。それっぽい言葉でなんとなく誤魔化す。なんかいいイメージ先行で一見、いい歌詞風の雰囲気だしてますが、よく歌詞読んでみてください。

ただ、音楽に置いて意味がわかることがいいこととは思っていません。ただそれは、洗練された抽象性が前提だと思います。

「365日」とロマン語「紙ヒコーキ」という言葉を使いたかっただけ、でしょうかね。

はい、次。
ストリングの音が雑すぎます。明らかにキーボードでふぁーふぁー弾いてるだけです。これが生演奏だったらびっくりしますが、ごめんなさいと素直に謝ります。

別にそれ自体が悪いとは思いませんが、歌詞、語呂の雑さから、やっつけ仕事と感じているのでなおさらです。

評価

【直感的な良い曲度】 ★★☆☆☆
【オリジナリティ:メロディ】 ★★☆☆☆
【オリジナリティ:歌詞】 ★☆☆☆☆
【構成】 ★☆☆☆☆
【雰囲気・空気感】 ★★☆☆☆
【総合】 ★☆☆☆☆

今日はひどく辛口でした。

AKBさんの曲でもいいね!と思うものもあるんですが、この曲は私の中ではダメでしたね。

ファンの方が見て炎上しないことを祈りますが、AKBの曲だからなんでも好きなんてのは私は違うと思います。

以上!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  関連記事

Amazon スペシャルオーケストラコンサートに行ってきました。

こんばんは、ウキクです! 行ってきました、Amazonスペシャルオーケストラコンサート! 目次1 「ウキクさんですか?」2 Amazonスペシャルコンサートの全貌2.1 1曲目2.2 2曲目2.3 3曲目2.4 4曲目2 […]

イントロクイズが得意な人の特徴 イントロクイズ、得意ですか?

こんばんは、ウキクです! みなさんは、イントロクイズは得意ですか?昨日、幼馴染のかつてのバンドメンバーがうちに泊まりに来まして、夜な夜なイントロクイズ大会を開催していました。 そこで思ったことは「イントロクイズは得意、不 […]

フジファブリック 「赤黄色の金木犀」この曲の秀逸な点

こんにちは、ウキクです! 今回紹介するのは、フジファブリックというバンドの曲の中で、私が1番好きな曲です。   目次1 フジファブリックとの出会い2 志村=フジファブリックという呪縛3 天才ミュージシャンは早く […]

TheCardigansカーディガンズ

The Cardigans(カーディガンズ)の名曲はCarnival/Lovefoolだけじゃない

テレビやCMなどで使われる音楽って、繰り返し使用されることが多いですよね。前に他のCMで使われていたのに、今はこのCM?みたいなことがよくあります。 音楽と映像の記憶、それは洗脳と紙一重で「音楽を使った広告は(良くも悪く […]

凛として時雨 「鮮やかな殺人」#4

こんばんは、ウキクです! 久々に音楽記事です。3人組ロックバンド、凛として時雨の『#4』というアルバムの1曲目「鮮やかな殺人」を紹介します。   目次1 凛として時雨とは2 #4 鮮やかな殺人3 ライブは必見 […]